トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 4月 > 都立動物園・水族園からのお知らせ(4月第2号) > 都立動物園・水族園からのお知らせ(4月第2号)(恩賜上野動物園)

ここから本文です。

平成28(2016)年4月28日更新

報道発表資料

恩賜上野動物園

ニシゴリラのモモコが妊娠しました!

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、千葉市動物公園と当園で行っているニシゴリラの共同繁殖により、千葉市動物公園より来園したメスのモモコの妊娠が確認されましたので、以下のとおりお知らせします。
 今回の妊娠は平成25年4月24日の出産時に続き、当園では約3年ぶりになります。

画像
【ニシゴリラ「モモコ」】
(撮影日:平成28年4月12日)

1.妊娠したニシゴリラ

  • 名前
     モモコ(メス) 32歳
  • 履歴
     1983年6月3日 スペイン生まれ
     1990年3月29日 千葉市動物公園に来園
     1999年7月27日 上野動物園に来園
     2000年7月3日 モモタロウ(オス・第1子)出産
     2002年7月8日 千葉市動物公園に移動
     2008年12月2日 上野動物園に来園
     2009年11月14日 コモモ(メス・第2子)出産
     2013年4月24日 モモカ(メス・第3子)出産

2.妊娠経過

 平成27年12月中旬から平成28年1月末までに、オスのハオコと複数回の交尾やマウントが確認されました。妊娠の指標となる尿中ホルモンを検査したところ、2月17日に採尿したサンプルの結果から、妊娠と判定しました。妊娠の影響からか、2月中旬以降、モモコには偏食や水を飲む量が増加するなどの体調変化が見られ、3月頃から休息時間が延び、気だるそうな様子が見られ始めました。4月に入り除々に回復傾向にありますが、時折気だるそうにするしぐさも見られます。

3.出産予定日

 ゴリラの妊娠期間は約8ヵ月半(250日~270日)であることから、交尾確認日(1月19日)を妊娠0日とすると、出産は9月下旬から10月中旬頃になる見込みです。

※繁殖について
 ゴリラのメスはおよそ7歳(6歳5ヵ月~8歳7ヵ月)で性成熟します。野生での初産は10歳前後が普通です。発情周期は25~40日で、平均26日、妊娠期間は約8ヵ月半(250~270日)と報告されています。新生児の体重はおよそ2キログラム(1.8キログラム~2.3キログラム)で、9週齢でハイハイをし、30~40週齢で歩き始めます。離乳は2.5~3歳です。

4.当園の飼育状況(2016年4月28日現在)

8頭(オス2頭、メス6頭)

  • オス
     「ムサシ」 35歳 2000年10月6日 釧路市動物園より来園
     「ハオコ」 22歳 2007年6月27日 オーストラリアのタロンガ動物園より来園
  • メス
     「ピーコ」 推定46歳 1993年4月18日 広島市安佐動物公園より来園
     「トト」 推定38歳 1999年7月9日 静岡市立日本平動物園より来園
     「ナナ」 推定34歳 2006年12月5日 愛媛県立とべ動物園より来園
     「モモコ」 32歳 2008年12月2日 千葉市動物公園より来園
     「コモモ」 6歳 2009年11月14日 当園生まれ
     「モモカ」 3歳 2013年4月24日 当園生まれ

5.国内の飼育状況(2015年12月31日現在)

 日本国内の飼育状況:8園23頭(オス12頭、メス11頭)
 資料:2015年ニシゴリラ国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】ニシゴリラ(霊長目 ヒト科)

(ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト:CR(近絶滅種)、東京都ズーストック種)

  • 学名
     Gorilla gorilla gorilla
  • 英名
     Western Lowland Gorilla
  • 頭胴長
     150~170センチメートル
  • 体重
     90~180キログラム
  • 分布
     コンゴ、ガボン、カメルーンなどの熱帯林に生息している。
  • 生態等
     体色は黒色が基本であるが、褐色や灰色がかっていることが多く、オスは頭の毛が赤茶色の個体が多い。成獣のオスは、背中から太股にかけて体毛が白くなる「シルバーバック」になる。シルバーバックのオス1頭にメス数頭とその子供たちからなる10頭前後の群れで生活している。アフリカショウガやクズウコンなどの草木の他、果物、昆虫も食べる。
     西アフリカで、約20万頭以下が生息していると推測されているが、環境破壊、病気、狩猟で減少の危機にさらされている。

※「ワシントン条約附属書1表」の数字の正しい表記はローマ数字です。

企画展「野間馬のふるさと展」と記念イベントの開催

 当園では、古くから日本人と生活してきた在来家畜の収集・展示に力を入れています。なかでも在来馬は、キソウマ(木曽馬)、トカラウマ(吐●喇馬)、ナグニウマ(与那国馬)、ノマウマ(野間馬)の4種類を飼育・展示しています。
 野間馬は、日本の在来馬のなかでももっとも小さな種類で、現在の愛媛県今治市付近で農耕や荷物の運搬用に飼育されていました。この野間馬について多くの皆様に知っていただくため、企画展「野間馬のふるさと・いまばりで遊ぼう!」と記念イベントを開催します。

※●←口に葛

画像 画像
【野間馬の記念イベント(物販コーナー・企画展)の様子(平成27年5月)】

1.企画展「野間馬のふるさと・いまばりで遊ぼう!」

  1. 日時
     平成28年5月30日(月曜)~6月19日(日曜)
  2. 会場
     いそっぷ橋
  3. 内容
     野間馬の特徴や現在の状況、野間馬を生み出した地域などをパネルで紹介します。

2.記念イベント

野間馬のふるさとクイズラリー
  1. 日時
     平成28年5月28日(土曜) 10時00分~13時00分、15時00分~17時00分
     5月29日(日曜) 12時00分~13時00分、15時00分~16時00分
  2. 受付場所
     子ども動物園 曲屋
  3. 内容
     野間馬と野間馬を生み出した地域をテーマにしたクイズラリーを行います。
     参加者(各日先着200名様)には記念品を差し上げます。
野間馬のふるさと物産コーナー
  1. 日時
     平成28年5月28日(土曜)~29日(日曜) 10時00分~17時00分
  2. 場所
     子ども動物園 動物園ステージ周辺
  3. 内容
     野間馬のふるさと愛媛県今治市の物産を紹介するとともに、販売も行います。

ご案内

【恩賜上野動物園】

  • <開園時間>
     9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
     4月29日(金曜・祝日)~5月7日(土曜)は9時30分~18時00分(入園は17時00分まで)。
  • <休園日>
     毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
     5月2日(月曜)、16日(月曜)、30日(月曜)は開園。
  • <入園料>
     一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
     5月4日(水曜・祝日)みどりの日は入園料無料。
     5月5日(木曜・祝日)こどもの日は中学生以下入園料無料。

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る