ここから本文です。

平成28(2016)年4月14日更新

報道発表資料

多摩動物公園

モウコノウマの赤ちゃん誕生!

 多摩動物公園(園長 福田豊)では、モウコノウマの赤ちゃんが3頭誕生し、元気に成長していますのでお知らせします。

1 誕生したモウコノウマ

(1)
  • 誕生日
     平成28年3月26日(土曜)
  • 性別
     メス
  • 両親
     母親:パーニャ
     2008年5月16日 スイス ワイルドパーク・ブルーダーハウス 生まれ
     父親:クヴァジ―
     2007年6月21日 スイス ヴィルドニスパーク・チューリッヒ 生まれ
(2)
  • 誕生日
     平成28年4月12日(火曜)
  • 性別
     メス
  • 両親
     母親:エーコ
     2004年9月10日 多摩動物公園 生まれ
     父親:クヴァジ― ※父親は同じです。
(3)
  • 誕生日
     平成28年4月13日(水曜)
  • 性別
     オス
  • 両親
     母親:ダイアナ
     2002年8月11日 多摩動物公園 生まれ
     父親:クヴァジ― ※父親は同じです。

画像 画像
【パーニャ親子】
(撮影日:平成28年3月28日)
【エーコ親子】
(撮影日:平成28年4月13日)
画像
【ダイアナ親子】
(撮影日:平成28年4月13日)

2 公開について

 3組の親子は、アジア園アジアの平原モウコノウマ舎展示場の一部で、体調を見ながら群れ入りの練習を始めており、現在はパーニャ親子をフェンス越しにご覧いただけます。
 名前などについては、後日ホームページでお知らせします。

3 当園のモウコノウマの飼育状況(2016年4月14日現在)

 12頭(オス3頭、メス9頭) ※今回誕生した赤ちゃんを含みます。

4 国内飼育状況(2016年4月14日現在)

 日本国内の飼育状況:2園館14頭(オス4頭、メス10頭)
※当園調べ

参考

 モウコノウマ
(ワシントン条約附属書1表、絶滅危惧種(EN)、東京都ズーストック種) ※1表の数字の正しい表記はローマ数字です。

  • 学名
     Equus przewalskii
  • 英名
     Przewalski’s wild horse
  • 分類
     奇蹄目 ウマ科
  • 分布
     中央アジア草原地帯
  • 特徴
     現存する唯一の野生馬(家畜化されていないウマ)で、かつてはアジア大陸内陸部の平原からヨーロッパにかけて広く分布していたが、乱獲などにより個体数が激減し、野生下では一度絶滅した。しかし、動物園でわずかに飼育されていたモウコノウマから、世界各国の動物園で繁殖に努めた結果、個体数を回復してきた。現在、国連や世界各国の協力により、モンゴルの保護区を中心に、野生復帰計画が進められた結果、モウコノウマが大平原を駆け回る姿が見られるようになった。
  • その他
     通常一産一仔。妊娠期間330~350日。成獣は明るい黄褐色であるが、仔は全体に白っぽく、たてがみと尾は縮れている。

ご案内

【多摩動物公園】

  • <開園時間>
     9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
     4月29日(金曜)~5月1日(日曜)、3(火曜・祝日)~5日(木曜・祝日)は9時30分~18時00分(入園は17時00分まで)。
  • <休園日>
     毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
     5月4日(水曜・祝日)、18日(水曜)、25日(水曜)は開園。
  • <入園料>
     一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
     5月4日(水曜・祝日)みどりの日、5日(木曜・祝日)開園記念日は入園料無料。

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る