ここから本文です。

報道発表資料  2016年4月22日  産業労働局

平成28年度 新規事業
東京都障害者安定雇用奨励金を創設します!
障害者や難病患者の安定雇用と処遇改善を推進

 東京都は、障害を持つ方や難病を抱える方が希望とやりがいを持って、いきいきと活躍できる社会の実現を目指しています。
 そこで、障害者等の正規雇用や無期雇用等の安定雇用と処遇改善に取り組む事業主を支援するための「東京都障害者安定雇用奨励金」を新たに創設します。

奨励金の概要

主な支給要件 ※このほかにも要件はあります。

 以下の(1)または(2)に該当し、それぞれの要件をすべて満たすこと。

(1) 雇入れの場合:障害者等を正規雇用や無期雇用で採用した場合

  1. 一週間の所定労働時間が20時間以上の無期雇用労働者として雇入れていること
  2. 雇入れた労働者に支払われる賃金が、雇入れ後も継続して最低賃金を5%以上上回る額であること
  3. 雇入れた労働者に適用される次のいずれか二つ以上の制度を設けていること
     ・昇給制度 ・賞与制度 ・通勤手当制度 ・通院休暇または病気休暇制度
  4. 雇入れ後6か月間の評価を行い、今後の育成方針を策定すること
  5. 特定求職者雇用開発助成金または発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金の支給決定通知を受けていること

(2) 転換の場合:障害者等を有期雇用から正規雇用や無期雇用に転換した場合

  1. 有期雇用労働者を無期雇用(一週間の所定労働時間20時間以上)に転換していること
  2. 転換後の賃金が、転換前の賃金より5%以上昇給していること及び転換後も継続して最低賃金を5%以上上回る額であること
  3. 転換した労働者に適用される次のいずれか二つ以上の制度を設けていること
     ・昇給制度 ・賞与制度 ・通勤手当制度 ・通院休暇または病気休暇制度
  4. 転換後6か月間の評価を行い、今後の育成方針を策定すること
  5. 特定求職者雇用開発助成金または発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金の支給決定通知を受けていること

支給金額

 障害者等一人当たり120万円(大企業は100万円)を支給します(同一年度における支給人数は、一社につき合計10人まで)。

 ※詳細は、産業労働局雇用就業部ホームページ「TOKYOはたらくネット」をご覧ください。

奨励金の手続

申請の流れ

(1) 雇入れの場合 平成28年1月1日付採用から対象になります。

 対象となる労働者を採用した日より6か月経過した日から2か月以内に東京都へ申請してください。

画像

(2) 転換の場合 平成28年1月1日付転換分から対象になります。

 対象となる労働者の転換した日より6か月経過した日から2か月以内に東京都へ申請してください。

画像

※1特開金(特定求職者雇用開発助成金)
 障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成されます。

※2発難金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金)
 発達障害者または難治性疾患患者をハローワーク等の紹介により、雇用保険の一般被保険者として雇い入れる事業主に対して助成されます。

申請方法

 次の書類を用意して、下記担当まで郵送または持参にてご提出ください。

  • 郵送の場合は、記録が残る簡易書留等の方法により送付してください。
  • このほかの書類が必要となる場合があります。

【申請書類】

  1. 雇入れの場合
    1. 支給申請書
    2. 誓約書
    3. 特開金または発難金支給申請書の写し
    4. 支給対象者が障害者であることを確認できる書類の写し
    5. 育成方針
    6. その他

  2. 転換の場合
    1. 支給申請書
    2. 誓約書
    3. 特開金または発難金支給申請書の写し
    4. 支給対象者が障害者であることを確認できる書類の写し
    5. 育成方針
    6. その他

申請受付・問合せ

 東京都産業労働局雇用就業部 就業推進課 障害者雇用促進担当
 〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都庁第一本庁舎31階北側
 電話:03-5320-4663

本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略、政策指針に係る事業です。
 都市戦略5 「福祉先進都市の実現」
 政策指針14 「障害者が地域で安心して暮らせる社会の構築」

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部就業推進課
 電話 03-5320-4663

ページの先頭へ戻る