ここから本文です。

平成28(2016)年4月12日更新

報道発表資料

〔別紙〕

広域サーベイランスについて(参考)

1 目的

 蚊が媒介する感染症の未然防止のため、都内全域(16施設)で定期的に蚊を捕集し、蚊の種類と数及び感染症病原体の有無を調査しています。
 今年度からは、従来のウエストナイルウイルス、デングウイルス、チクングニアウイルス及びマラリア原虫に加えて、ジカウイルスの検査を行います。

2 調査期間

 平成28年6月から10月まで

3 調査施設

 都内全域の16施設で実施します。各施設2台の捕集装置を設置します。

施設名
1 大井ふ頭中央海浜公園
2 お台場海浜公園
3 青山霊園
4 谷中霊園
5 染井霊園
6 石神井公園
7 舎人公園
8 砧公園
9 井の頭恩賜公園
10 多摩動物公園
11 狭山公園
12 小山田緑地
13 八王子霊園
14 薬用植物園
15 神代植物公園
16 瑞穂農芸高等学校
画像
           【捕集装置】

画像

ページの先頭へ戻る