トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 4月 > 「東京都がん診療連携協力病院」を新たに指定

ここから本文です。

報道発表資料  2016年4月8日  福祉保健局

「東京都がん診療連携協力病院」を新たに指定しました

 東京都では、高度ながん診療体制が整備されている病院として、国が指定する「がん診療連携拠点病院(国拠点病院)」及び「地域がん診療病院」に加え、国拠点病院と同等の高度な診療機能を有する病院として、「東京都がん診療連携拠点病院(都拠点病院)」を指定しています。
 さらに、都は、肺がん・胃がん・大腸がん・肝がん・乳がん及び前立腺がんの部位ごとに専門的ながん医療を提供し、地域の医療機関と連携して治療を行うことにより、地域のがん診療の中核的な役割を担う病院として、「東京都がん診療連携協力病院(協力病院)」を指定しています。
 このたび、平成28年4月1日付けで2か所の協力病院を新規指定し、また、4病院で指定のがん種を追加しました。
 国拠点病院や拠点病院等とともに、安心かつ安全で質の高いがん医療を提供していきます。

新規指定

医療機関名 対象となるがん種
医療法人社団明芳会板橋中央総合病院 肺・大腸・肝
医療法人徳洲会東京西徳洲会病院

がん種の追加

医療機関名 追加となるがん種
株式会社東芝東芝病院
東邦大学医療センター大橋病院
国家公務員共済組合連合会東京共済病院 大腸
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 胃・前立腺

問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療政策課
 電話 03-5320-4389

ページの先頭へ戻る