トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 4月 > 「東京都がん診療連携拠点病院」8か所を新規指定

ここから本文です。

報道発表資料  2016年4月1日  福祉保健局

平成28年4月1日
「東京都がん診療連携拠点病院」を指定しました

 東京都では、高度ながん診療体制が整備されている病院として、国が指定する「がん診療連携拠点病院(国拠点病院)」及び「地域がん診療病院」に加え、国拠点病院と同等の高度な診療機能を有する病院として「東京都がん診療連携拠点病院(都拠点病院)」を、都独自に指定しています。
 このたび、平成28年4月1日付けで、8か所の病院を新規指定しました。
 国拠点病院等とともに、都内において安心かつ安全で質の高いがん医療を提供していきます。

医療機関名
1 社会福祉法人三井記念病院
2 国際医療福祉大学三田病院
3 東京都済生会中央病院
4 国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院
5 東京都立墨東病院
6 順天堂大学医学部附属練馬病院
7 日本医科大学多摩永山病院
8 東京慈恵会医科大学附属第三病院

経緯

 都では、平成26年度まで認定してきた「東京都認定がん診療病院」制度を見直し、平成27年度に都拠点病院制度を新設しました。新制度は、国が平成26年1月に改定した「がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針」に準じ、診療機能や診療実績等の要件を強化・充実しています。
 今回の指定は、都拠点病院の整備要件を満たす病院として、初めての指定です。
 なお、平成27年度の1年間は、経過措置として、認定病院として認定していた病院を、都拠点病院として指定しています。

問い合わせ先
福祉保健局医療政策部医療政策課
 電話 03-5320-4389

ページの先頭へ戻る