トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 4月 > 「新宿ターミナル基本ルール」を策定

ここから本文です。

報道発表資料  2016年4月1日  都市整備局

「新宿ターミナル基本ルール」を策定しました

 誰もが分かりやすく使いやすい利用者本位の新宿ターミナルの実現を目指し、昨年6月に設置した「新宿ターミナル協議会(座長 岸井隆幸 日本大学教授)」では、関係者が連携して利便性の向上に取り組む改善策の検討を進めてきました。
 このたび、協議会にて、案内サインの統一やバリアフリーに関するエレベーターの整備などの具体策として、「新宿ターミナル基本ルール」を取りまとめましたので、お知らせします。この基本ルールに基づき、新宿区や鉄道事業者等と連携しながら、来年度から、新宿ターミナルの改善を進めてまいります。

検討の経過

 平成27年6月 第1回 新宿ターミナル協議会開催
 平成27年12月 第2回 新宿ターミナル協議会開催
 平成28年3月 第3回 新宿ターミナル協議会開催

「基本ルール」のポイント

わかりやすく ~案内サインの改善~

  • 使用名称、ピクトグラムなどの表記の統一、色彩、レイアウトなどの表現を統一
  • 現在位置の明確化と行き先の単純化を図るサインシステムの構築

人に優しく ~バリアフリーの推進~

  • エレベーターの整備や視覚障害者誘導用ブロックの連続した設置
  • 管理区分を越えて、エレベーターなどのバリアフリー設備の案内を積極的に実施

もっと便利に ~サービスの向上~

  • ターミナルの全体が分かるマップを新たに作成し各社案内所等で配布
  • 案内所における情報提供の強化やICTを活用したサービスの提供

※別添 新宿ターミナル基本ルール【概要版】 (PDF形式:1.57MB)
※別添 新宿ターミナル基本ルール【本編】 (PDF形式:1.45MB)
※別添 (参考)利用者の視点に立った新宿ターミナルを目指して(検討のとりまとめ) (PDF形式:2.48MB)

問い合わせ先
都市整備局都市基盤部交通企画課
 電話 03-5388-3393

ページの先頭へ戻る