トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 平成28年度東京都食品衛生監視指導計画を策定

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月28日  福祉保健局

平成28年度東京都食品衛生監視指導計画を策定しました

 都は、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止するため、食品衛生法に基づき、監視指導等の計画を毎年度定めています。
 このたび、平成28年度東京都食品衛生監視指導計画を策定したのでお知らせします。

1 趣旨

 本計画は、東京が国内最大の消費地であり、首都圏をはじめとする食品の広域流通の起点であること等を踏まえ、食品衛生法及び関係法令に基づく監視指導等の事業を重点的、効果的かつ効率的に実施するため、食品衛生法に基づき策定しています。

2 監視指導の主な内容(重点事項)

1 食中毒対策

 ノロウイルス食中毒対策 立入件数…2,500件
 食肉の生食等による食中毒対策 立入件数…1,400件

  • 食中毒発生時に大規模化しやすい大量調理施設や乳幼児、高齢者が利用する社会福祉施設を中心に、ノロウイルス食中毒対策として監視指導や講習会による指導啓発を実施します。
  • 食肉の生食等による食中毒対策として、生食用食肉の規格基準の遵守や、牛レバー、豚肉や鶏肉を十分に加熱して提供する事の徹底等について監視指導を実施します。
  • 近年増加している寄生虫や自然毒等による食中毒予防のための指導啓発を実施します。

2 食品表示対策

 食品関係事業者に対する表示監視件数…166,000件

  • 食品の製造業者、販売業者等を対象に、期限等の設定方法、アレルゲン表示等に関する監視指導を実施します。
  • 食品関係施設において、適正な食品表示を推進する人材を育成するため、食品表示に関係する法令の所管部署が連携して適正表示推進者育成講習会を開催します。

3 輸入食品対策

 輸入食品等の検査 検査件数…45,000件

  • 輸入食品等について、都内流通状況、海外情報等を踏まえ、検査を効率的に実施します。
  • 輸入事業者の自主管理を支援するため、自主管理の取組状況に応じた指導や講習会を実施します。

4 食品中の放射性物質対策

 都内流通食品の検査 検体数…1,100検体

  • 都内の小売店に流通し、都民が日常的に摂取する食品を中心に、輸入食品も含めて、モニタリング検査を実施します。
  • 芝浦と場でと畜される牛について、牛肉の放射性物質スクリーニング検査を実施します。

3 計画本文の入手先

  1. 東京都福祉保健局のホームページ(食品衛生の窓)
  2. 各都保健所、健康安全研究センター、市場衛生検査所、芝浦食肉衛生検査所でも入手できます。

<資料>
※別紙:平成28年度東京都食品衛生監視指導計画(概要)(PDF形式:123KB)
※別添:平成28年度東京都食品衛生監視指導計画(全文)(PDF形式:1.26MB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
 電話 03-5320-4404

ページの先頭へ戻る