トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 27年度福祉保健基礎調査 高齢者の生活実態 結果(速報)

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月30日  福祉保健局

『高齢者の生活実態』の結果(速報)
平成27年度東京都福祉保健基礎調査

 平成27年度東京都福祉保健基礎調査においては、65歳以上を対象とした「高齢者の生活実態」について調査しました。このたび、主な調査結果について速報としてまとめましたので、お知らせします。

高齢者のひとりぐらし世帯が、高齢者のいる世帯の2割

 世帯構成を世帯類型別でみると、「高齢者のみの世帯」の割合は57.4%で、前回の22年度調査と比べて2.1ポイント増加し、調査を開始した昭和55年から一貫して増加し続けている。そのうち、「ひとりぐらし世帯」の割合は、初めて高齢者全体の2割を超えた。
 「高齢者のみでない世帯」の割合は41.8%で調査開始から減少し続け、「高齢者と子と孫の世帯」の割合は7.1%となり、昭和55年度調査から30.3ポイント減少して、およそ5分の1となった。一方、「高齢者と配偶者のいない子の世帯」の割合は徐々に増え、25.9%となっている。

【調査結果の概要P2】

高齢者が家族や親族の介護をしている割合は、約1割

 家族・親族の介護をしているかを聞いたところ、「介護をしている」人の割合は10.8%であった。
 介護をしている相手について聞いたところ、「配偶者」の割合が最も高く36.3%、次いで、「親」32.1%、「その他の親族」13.9%、「配偶者の親」12.0%と続いている。

【調査結果の概要P11】

高齢期の住まいは、介護が必要になった場合でも、「現在の住宅に住み続けたい」が最も高い

 介護が必要にならないうちの高齢期の住まいについて聞いたところ、「現在の住宅に住み続けたい」の割合が最も高く72.0%、次いで「高齢者向け住宅(サービス付き高齢者向け住宅など)に入居したい」が6.7%であった。
 また、介護が必要になったときの高齢期の住まいについても、「現在の住宅に住み続けたい」の割合が最も高く49.5%、次いで「介護保険で入所できる施設(特別養護老人ホームなど)に入所したい」が13.1%であった。

【調査結果の概要P16】

理想の就業年齢は、「70歳頃まで」が3人に1人

 何歳頃まで働ける社会が理想であるか聞いたところ、「70歳頃まで」が35.1%、「75歳頃まで」が20.4%、「80歳頃まで」が7.9%、「80歳以上で働けるまで」が11.3%で、合わせて74.8%(端数処理のため、個々の比率の合計とは一致しない。)であった。
 一方、「60歳頃まで」と「65歳頃まで」を合わせた割合は17.8%であった。

【調査結果の概要P24】

※調査の概要は別紙
※調査結果の概要 別紙(PDF形式:855KB)のとおり

問い合わせ先
福祉保健局総務部総務課
 電話 03-5320-4011

ページの先頭へ戻る