ここから本文です。

平成28(2016)年3月28日更新

報道発表資料

文化

野外コンサートについて

 都知事は選挙時に、上野を音楽の都にすると言っていたと記憶しています。まさに我が意を得た思いで一票投じさせていただきました。
 今年も、春に上野でオーケストラや室内楽のコンサートが数多く開かれます。ただ、子供向けが極めて少ない。ギュンター・ヴァントやカール・ベームが指揮を志した原体験には、小さいころに観た魔笛ということが評伝には書かれていますし、決まって野外コンサートだったりします。
 子供連れで、気軽に家族で参加できるのは野外コンサートですし、海外の避暑地では、音楽祭は野外で行われていることもしばしばです。東京も国内には文化の裾屋を広げる観点から、海外には日本の文化をカジュアルに体験できる環境を整えてもいいのではないでしょうか。
 個人的には日本有数のアートが結集している上野が良いと思いますが、予算の関係であれば、新国立競技場など、東京五輪のレガシーを活かせる舞台でもいいのではないかとも思います。
 秋の夜長に、「東京で野外コンサートを!」というのも、なかなか面白いと思います。
 ご検討、よろしくお願いいたします。

取組

 このたびは、貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございます。
 今回いただいたご意見を参考とさせていただき、引き続き関係機関との情報共有・連携に努めてまいります。

(生活文化局、建設局、オリンピック・パラリンピック準備局)

ページの先頭へ戻る