ここから本文です。

平成28(2016)年3月28日更新

報道発表資料

防災

消火器の設置について

 地震が起きた場合を想定して都内を歩いた際、消火器が少ない点が気になりました。同時に火災が起きた場合の初期消火には間に合いません。マンションも含め、各家庭に対し家庭用消火器の設置を義務付ける必要があるのではないでしょうか。

説明

 一般住宅には、消火器の設置義務はありませんが、火災予防条例第55条の5の3第2項第1号により消火器等の設置を努力義務としております。
 火災の延焼拡大を早期に抑えるためには初期消火が重要であることから、東京消防庁では、広報紙、マスメディア、SNS等あらゆる広報媒体を活用して、消火器の効果や必要性を呼びかけております。
 また、防火防災訓練において消火器の取扱訓練を推進するとともに、防火防災診断、各種イベント、座談会等を通じて、防火防災意識の向上を図り、消火器等の普及促進に努めております。

(東京消防庁)

ページの先頭へ戻る