トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 「世界発信コンペティション」募集を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月11日  産業労働局

世界発信コンペティション
募集を開始します!
東京2020大会等に向けて開発された 革新的で将来性のある製品・技術、サービスを表彰

 「中小企業世界発信プロジェクト2020」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催を契機として見込まれる、様々なビジネスチャンスを都内の中小企業はもとより、日本全国の中小企業に波及させ、その優れた技術・製品等を世界に発信するプロジェクトです。
 本プロジェクトの一環として、「世界発信コンペティション」を開催します。
 「世界発信コンペティション」は、製品・技術、サービスの開発を促進するため、「製品・技術(ベンチャー技術)部門」と「サービス部門」の2つの分野で、革新的で将来性のある製品・技術、サービスを表彰し、各賞に応じて開発・販売等奨励金を交付します。
 なお、昨年度まで実施していた東京都ベンチャー技術大賞は、世界発信コンペティション「製品・技術部門」として実施します。

画像

対象

  • 東京2020大会等を契機とする中長期的なビジネスチャンスに向けて開発された製品・技術、サービス
     【製品、技術、サービスの開発分野 例】
     「スポーツ・健康」、「バリアフリー」、「環境」、「観光・おもてなし」、「安全・安心、防災」、「文化・教育・その他」
  • 平成28年7月1日までに日本国内において自社名義で販売又は提供を開始している製品・技術、サービス
  • 商品化から5年未満(平成23年7月1日以降)の製品・技術、サービス

応募締切

  • 平成28年5月16日(月曜)必着

部門・賞

  • 「製品・技術(ベンチャー技術)部門」及び「サービス部門」
  • 両部門とも各賞に開発・販売等奨励金を授与
    • 大賞 300万円
    • 優秀賞 150万円
    • 奨励賞 100万円
    • 特別賞 50万円

中小企業世界発信プロジェクト2020とは

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会等の開催を契機として、中長期的に様々なビジネスチャンスが見込まれています。
 「中小企業世界発信プロジェクト2020」は、こうしたチャンスを都内の中小企業はもとより、日本全国の中小企業に波及させ、その優れた技術・製品等を世界に発信するプロジェクトです。
 本プロジェクトを実行するため、東京都をはじめ、都内の中小企業支援機関である東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、(公財)東京都中小企業振興公社が連携して「中小企業世界発信プロジェクト推進協議会」を立ち上げました。
 推進協議会では、今後東京2020大会等を契機とする中長期的な受注機会の拡大や販路開拓、新製品・新サービスの開発促進など中小企業の更なる飛躍に向けた力強い施策を展開していきます。

世界発信コンペティションのイメージ

画像

製品、技術、サービスの開発分野 例

「スポーツ・健康」

  • 高品質・高性能な競技用ウェア
  • ウェアラブル端末
  • 健康器具 など

「バリアフリー」

  • 義足・装具
  • QOL向上関連用具
  • コミュニケーション機器 など

「環境」

  • 光触媒を用いた環境改善製品
  • 鉱物資源リサイクル技術
  • 水素を活用したポータブル発電機 など

「観光・おもてなし」

  • 観光情報を網羅したマップアプリ
  • 多言語対応のアプリケーション など

「安全・安心、防災」

  • 多言語化に対応した道案内システム
  • 防犯カメラ・画像解析システム など

「文化・教育・その他」

  • クールジャパン(ファッション・アニメ等)を活用した土産品
  • オリンピック開催時に活用されるノベルティなどの関連グッズ など

※別添 チラシ(PDF形式:1.29MB)

※詳細及び応募についてはホームページをご覧ください。

※本事業は平成28年度歳入歳出予算が平成28年3月31日までに都議会で可決された場合に実施します。

問い合わせ先
(中小企業世界発信プロジェクト全体に関すること)
産業労働局商工部調整課
 電話 03–5320-4744
(製品・技術(ベンチャー技術)部門に関すること)
産業労働局商工部創業支援課
 電話 03-5320-4763
(サービス部門に関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社世界発信プロジェクト担当
 電話 03-5822-7239

ページの先頭へ戻る