ここから本文です。

平成28(2016)年3月28日更新

報道発表資料

2.向島百花園

(1) 草笛教室

 向島百花園では、草花の庭園ならではの魅力をより楽しむため、身近な植物の葉っぱや花びらを使った草笛教室を開催します。ぜひ、お気軽に挑戦してみてください。

画像 画像
過去の草笛教室の様子 5月初旬の園内の様子
  1. 日時
     平成28年5月1日(日曜)13時00分~15時00分
    ※雨天中止
  2. 場所
     売店前四阿(ばいてんまえあずまや)
  3. 内容
     花びらや葉を使った草笛の体験教室を実施します。
  4. 講師
     松谷茂氏(リップミュージシャン)
  5. 参加費
     無料(入園料別途)
  6. 定員
     当日自由参加

(2) 記念撮影コーナー「お庭半纏で記念撮影」

 5月3日~5日の祝日に合わせて、園内売店前広場にて記念撮影コーナーをお楽しみいただけます。
 ご来園の記念に、庭園の風景を背景に写真撮影をお楽しみください。

  1. 日時
     平成28年5月3日(火曜・祝日)~5日(木曜・祝日)9時00分~15時00分
    ※雨天中止
  2. 場所
     売店前広場(撮影は広場内でお楽しみください。)
  3. 内容
     都立庭園オリジナルの印半纏(しるしばんてん)を羽織り、皆さんがお持ちのカメラで自由に記念撮影をお楽しみいただけます。
    画像
    都立庭園オリジナル半纏
  4. 参加方法
     当日自由参加
  5. その他
    • カメラの貸し出しはございません。
    • 半纏は元の場所へお戻しください。

向島百花園について

 国指定名勝及び史跡。江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に、骨董商佐原鞠塢(さはらきくう)が、交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草花鑑賞を中心とした民営花園として開園しました。開園当初は360本のウメが主体で、亀戸の梅屋敷に対して「新梅屋敷」と呼ばれたほどでした。
 その後、詩経や万葉集など中国・日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くようになりました。百花園の名称は「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたとされます。

開園時間

 9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
※平成28年4月29日(金曜・祝日)~5月8日(日曜)は9時00分~18時00分(最終入園は17時30分)

休園日

 12月29日~1月3日

住所

 墨田区東向島3-18-3

交通

 東武スカイツリーライン 東向島駅下車 徒歩8分
 京成電鉄押上線 京成曳舟駅下車 徒歩13分
 都営バス 亀戸-日暮里(里22)「百花園前」下車 徒歩3分
※駐車場はございません。

入園料

 一般 150円 65歳以上 70円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※5月4日(水曜・祝日)は「みどりの日」で無料
※5月5日(木曜・祝日)は「こどもの日」で中学生以下は無料

問い合わせ先

 向島百花園サービスセンター 電話:03-3611-8705

ホームページ

 公園へ行こう!

庭園ガイド

 土曜日・日曜日 11時00分・14時00分(各回30分程度)※荒天中止
 集合:サービスセンター裏
 参加費:無料

交通案内

画像

園内マップ

画像

ページの先頭へ戻る