トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 東京都人権プラザ企画展「読む人権」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月15日  総務局

東京都人権プラザ企画展
「読む人権 じんけんのほん 世界とつながる50冊」の開催について

 本から人権を考えてみようという企画「読む人権 じんけんのほん」も、6回目になりました。今回のテーマは、「多文化共生」です。
 現在東京には、様々な民族・宗教・文化的背景を持った人々が、私たちとともに暮らしています。グローバル都市としてますます発展していく東京において、多様な文化や生活習慣への理解を深めることは、多様性を尊重し、そこから生じる様々な違いに寛容な社会の実現につながります。
 この展示では、多文化理解の手がかりとなる本を、親しみやすく気軽に手に取れるよう、絵本・写真集・コミック等のビジュアルブックから選んで展示します。
 世界とつながる「多文化共生」とはどのようなことなのか、本を通して考える機会を提供します。

画像

行事名

 東京都人権プラザ企画展(平成28年度第1期)
 「読む人権 じんけんのほん 世界とつながる50冊」
※「第1期」の数字の正しい表記はローマ数字です。

会期

 平成28年4月2日(土曜)から同年7月31日(日曜)まで ※会期中無休

開館時間

 9時00分~17時00分

料金

 無料

会場

 東京都人権プラザ 第2展示室
 〒111-0023台東区橋場1-1-6 電話03-3876-5372/ファクス03-3874-8346
※交通案内は、(公財)東京都人権啓発センターのホームページをご参照ください。

内容(予定)

 多文化共生に関する絵本・写真集・コミック等約50タイトルを、テーマごとに展示します。

  • 私たちの住む「世界」(図鑑やデータ、地図など)
  • 暮らす(衣食住や行事、音楽をテーマにした作品)
  • 祈る(宗教をテーマにした作品)
  • 話す・書く(ことばをテーマにした作品)
  • 伝える(民話・伝説、昔話など)
  • 日本に住む(外国人から見た日本をテーマにした作品)

※別添 チラシ(PDF形式:537KB)

問い合わせ先
(公財)東京都人権啓発センター普及情報課
 電話 03-3876-5372
総務局人権部人権施策推進課
 電話 03-5388-2588

ページの先頭へ戻る