トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 東京都障害者差別解消法ハンドブックを作成

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月30日  福祉保健局

「東京都障害者差別解消法ハンドブック~みんなで支え合い、つながる社会をめざして~」を作成しました

 東京都では、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行を踏まえ、職員等の適切な対応に資するため、障害者差別解消法の趣旨や内容、日々の活動の中で配慮すべき事項等を分かりやすくまとめた「東京都障害者差別解消法ハンドブック~みんなで支え合い、つながる社会をめざして~」を作成しました。
 今後は、本ハンドブックを庁内で活用するほか、都内区市町村の職員や民間事業者にも周知を行うことなどにより、障害を理由とする差別の解消に向けた取組を推進していきます。

主な内容

法の概要

  • 法の目的、対象範囲、行政機関等及び民間事業者に求められることなどを掲載

法で求められること

  • 「不当な差別的取扱いの禁止」及び「合理的配慮の提供」についての基本的な考え方などを掲載

様々な場面における対応の例

  • 行政機関や店舗等における「案内・誘導」「相談・説明」「手続」「情報アクセシビリティ(印刷物、説明会、イベントなど)」といった場面ごとの合理的配慮の具体例を掲載

障害特性について

  • 障害を正しく理解し、障害特性に応じた対応を行えるよう、代表的な障害特性と対応時の配慮点について紹介
  • 「ヘルプマーク・ヘルプカード」など、関連する障害者施策についてコラムで紹介

※ハンドブックの本文は、福祉保健局ホームページに掲載しています。

問い合わせ先
福祉保健局障害者施策推進部計画課
 電話 03-5320-4324
 ファクス 03-5388-1413

ページの先頭へ戻る