トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定基準を改定

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月29日  環境局

低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定基準の改定について
よりクリーンな小規模燃焼機器の普及に向けて

 東京都では、大気汚染及び地球温暖化の防止対策として、東京都環境確保条例の規制対象外となるボイラー、業務用給湯器などの小規模燃焼機器について、窒素酸化物と二酸化炭素の排出量が少ない機器の認定制度を設けています。
 このたび、ガスヒートポンプ(以下、「GHP」という。)に係る認定基準を強化しますので、お知らせします。

1 改定のポイント(改定内容は別紙 (PDF形式:332KB) )

  1. GHPに係るJISが改正されました(平成27年10月)。これにより、GHPの効率の算定方法が変更されたことに伴い、効率の認定基準を改定します。
  2. GHPは熱出力が大きい機種ほど高効率にできるため、熱出力の区分を見直し、熱出力の大きい機種の効率の認定基準を強化します。
  3. 熱出力の大きい機種は窒素酸化物の排出量が大きいことから、窒素酸化物の排出濃度基準を厳しくして、より優れた機種の開発を促します。
※効率と二酸化炭素の関係について
 機器の効率を向上させることにより、燃料消費量が削減され、二酸化炭素排出量が低減します。また、同時に窒素酸化物排出量も低減します。

2 施行日

 平成28年4月1日
 ただし、新しい窒素酸化物の排出濃度基準は平成30年4月1日から適用します。

環境局公式ウェブサイト

問い合わせ先
環境局環境改善部大気保全課
 電話 03-5388-3493

ページの先頭へ戻る