トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > サービス付き高齢者向け住宅が運営開始

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月29日  福祉保健局

東京都医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅
モデル事業の選定事業が運営を開始します!

 この度、平成26年度に医療・介護連携型モデル事業として選定したサービス付き高齢者向け住宅が、以下のとおり、運営を開始しますので、お知らせします。

1 選定事業の概要(詳細は別紙(PDF形式:108KB)参照)

住宅名称 サンライズ小川
所在地 あきる野市小川1050-2
戸数 18戸(単身用18戸)
運営事業者 住宅 社会福祉法人芳洋会
医療系事業所 医療法人財団暁(訪問看護(近接連携))
介護系事業所 社会福祉法人芳洋会(小規模多機能型居宅介護)
運営開始日 平成28年4月1日

2 モデル事業について

 高齢者が医療や介護が必要になっても安心して住み続けることができる住まいを充実させることを目的とし、平成21年度から平成26年度までの6年間、サービス付き高齢者向け住宅に医療系事業所(診療所など)と介護系事業所(通所介護など)を併設・連携する場合の整備費の一部を補助するモデル事業を実施しました。
 このモデル事業は施設とは異なり、近隣の住民も医療系事業所・介護系事業所を利用できるため、地域の介護・医療の拠点ともなるといった特長があります。
 モデル事業期間の終了後、平成27年度からは「東京都医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅事業」として、整備費の補助を実施しています。

※東京都医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅事業(別紙(PDF形式:514KB)参照)
 ホームページ

東京都長期ビジョン」事業
本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略5 「福祉先進都市の実現」
 政策指針12 「高齢者が地域で安心して暮らせる社会の実現」

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
 電話 03-5320-4273

ページの先頭へ戻る