ここから本文です。

平成28(2016)年3月24日更新

報道発表資料

〔別紙〕

特徴等

オリンピック・パラリンピック学習読本

画像
  • 小学校編(4~6年用)、中学校編、高等学校編の3種類を作成
  • オリンピック・パラリンピックの歴史や意義、開催に伴う社会の変化や人々の努力、スポーツのすばらしさ等、基礎的な内容を発達段階に応じて掲載
  • 学習内容と関連させて、調べたり話し合ったりする活動や、「する」「観る」「支える」活動につなげる「学習の扉」を掲載

オリンピック・パラリンピック学習映像教材(DVD)

画像
  • オリンピック・パラリンピックの意義や歴史、大会の様子、オリンピアン・パラリンピアンの言葉、大会を支える人々等について映像で表現
  • 各教科や道徳、総合的な学習の時間と関連付け、補助教材として、主教材として、学習材料の一つとして活用

英語補助教材『Welcome to Tokyo』(冊子及びDVD)

  • Elementary(初級編)、Basic(基礎編)、Intermediate(発展編)の3種類を作成
     Elementary(初級編)・・・英検5級程度、小学校5・6年生に配布
     Basic(基礎編)・・・英検4~3級程度、中学生に配布
     Intermediate(発展編)・・・英検準2~準1級程度、高校生に配布
  • 「伝統文化」「生活文化」「自然・地域」「科学技術」「東京の歴史」の5つの分野にわたり、東京都62区市町村の特色を取り入れながら内容を作成
  • 「読む」「聞く」ための素材である本文、「書く」「話す」ことを中心としたアクティビティのほか、課題解決学習を行うプロジェクトやコラムにより構成
  • 教材の特長
    • 東京及び日本の伝統・文化等について理解を深め、英語を用いて発信
    • 様々な言語活動を通して、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成
    • 映像等を通して外国人とのコミュニケーションの場面を体験的に学習
  • 小学校外国語活動や中学・高校の英語授業で活用。また、総合的な学習の時間やオリンピック・パラリンピック学習としても活用

ページの先頭へ戻る