トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 映像「変わりゆく福祉職場の“今”」を作成

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月23日  福祉保健局

福祉の仕事のマイナスイメージを払しょくします!
映像「変わりゆく福祉職場の“今”」の作成

 東京都は、次世代を担う中高生やその保護者、教職員等に対し、福祉の仕事のマイナスイメージを払しょくするとともに、その魅力を伝えるため、新たに映像「変わりゆく福祉職場の“今”」を作成しました。
 本映像は、福祉の仕事の将来性やキャリアアップした場合の給料、働きやすい職場に向けた取組等、新しい切り口で福祉の仕事を紹介しています。

画像 画像 画像

DVDの全体構成(約47分)

1.オープニング

  • 福祉の仕事の必要性や中高生が抱くイメージの紹介
  • 福祉業界が成長安定産業であることの紹介

2.統計に見る福祉業界の実態

 報道による福祉業界と他産業の給与データの正しい理解と、働き続けてキャリアップした場合の給料について紹介

3.施設紹介

 働きやすい職場環境が整った福祉施設を学生の職場体験を通して紹介

  • 高齢者施設 - 仕事の効率化等の取組紹介
     [取組内容]インカム・タブレットの活用、夜勤専用職員の配置
  • 保育所 - 職員の成長や心のサポートに関する取組紹介
     [取組内容]充実した研修システム、職員のメンタルサポートシステム
  • 障害者施設 - 職員のやる気を引き出す取組紹介
     [取組内容]ワークライフバランスがとれる、チャレンジ精神の尊重

4.エンディング

  • 福祉の仕事の“やりがい”について
  • 東京都からのメッセージ

 本映像は学習用教材として都内の全中学高校に配布するほか、youtubeで公開する等、幅広く発信していきます。

  • 映像は福祉保健局ホームページからご覧ください。
  • 映像内で紹介した「都内の特別養護老人ホームにおける介護労働者の給与モデル調査」の結果も公開中

※本映像は東京都が社会福祉法人東京都社会福祉協議会(東京都福祉人材センター)に委託して作成しています。

問い合わせ先
福祉保健局生活福祉部地域福祉推進課
 電話 03-5320-4049

ページの先頭へ戻る