トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 都営地下鉄全駅等にタブレット端末を配備

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月23日  交通局

国内外からのお客さまへの案内サービスの充実を目指し
都営地下鉄全駅等にタブレット端末を配備

 交通局では、お客様に安心して快適に都営地下鉄等をご利用いただくため、平成28年4月1日(金曜)から、下記のとおり、都営地下鉄全駅、日暮里・舎人ライナー(2駅)の改札口等及び浅草線の乗務員(車掌)にタブレット端末を配備し、より迅速できめ細かいご案内を実施してまいります。

画像 画像
タブレット端末によるご案内イメージ 画面イメージ

1 配備箇所・数

  • 交通局が管理する都営地下鉄全駅(101駅)の改札口(一部を除く)及び駅事務室:275台
  • 日暮里・舎人ライナー(日暮里駅・西日暮里駅)の改札口(一部を除く)及び駅事務室:5台
  • 浅草線の乗務員(車掌):100台

2 主なサービス内容

 訪日外国人旅行者からのお問い合わせにも対応するため、端末には音声翻訳アプリ「VoiceTra(ボイストラ)」を搭載し、多言語(29言語)によるご案内を実施します。また、乗換え案内アプリや筆談アプリ等を活用し、お客様へのきめ細かなご案内に努めます。

3 今後の予定

  • 平成28年度末までに、都営地下鉄全線の全乗務員(運転士、車掌)に拡大して配備します。
  • 列車運行情報をリアルタイムで表示する機能を追加するなど、タブレット端末を活用した案内サービスの一層の充実を図ります。

※管理委託駅である(浅草線)押上駅、(三田線)白金高輪駅、白金台駅、目黒駅、(新宿線)新宿駅は除きます。
※「VoiceTra」は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発したものです。29言語(中国語、ポルトガル語の方言を含めると31言語)対応。

問い合わせ先
都営交通お客様センター
 電話 03-3816-5700 (9時00分~20時00分 年中無休)

ページの先頭へ戻る