トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 3月 > 27年度第2回東京都地域中小企業応援ファンド 対象決定

ここから本文です。

報道発表資料  2016年3月3日  産業労働局

平成27年度 第2回「東京都地域中小企業応援ファンド」
助成対象事業が決定しました

 東京都が公益財団法人東京都中小企業振興公社と協力して実施している「東京都地域中小企業応援ファンド」では、地域資源を活用した地域の魅力向上や東京の課題解決を目的として中小企業者等が取り組む、意欲とアイデアに溢れた新たな事業に対して総合的な支援を行っています。(詳細は【参考資料】参照)
 このたび、平成27年度第2回の募集に係る助成対象事業として28事業を決定しましたので、お知らせします。
 なお、平成20年度の事業開始から15回の募集で計336事業を決定し、助成金を活用して製品の開発やサービスの立ち上げを終了した事業の多くは、販路開拓のステージへ移行して、事業化が進んでいます。

助成対象事業の例

※全事業の概要については【別紙】助成対象事業一覧表(PDF形式:173KB)をご覧ください。

事業者名 事業テーマ及び概要
株式会社MTMシステムズ
【調布市】
  • テーマ
    明日葉の安定供給と植物工場生産技術の開発
    (地域資源活用型ビジネス)
  • 内容
    伊豆大島産の明日葉をIT化植物工場で栽培し、露地栽培における季節や病害虫等による生産の不安定さを解消し、農業の工業化、六次産業化につなげると同時に、鮮度を維持しつつ飲食店等へ直接供給を可能とする流通システムを構築する。
飯田電子設計株式会社
【練馬区】
  • テーマ
    音声重ね加工+運動、認知症予防アプリ開発
    (都市課題解決型ビジネス)
  • 内容
    軽度認知障害の改善に効果的とされている「コグニサイズ(※)」と自社独自の技術である「音声重ね加工」とを組み合わせたプログラムを提供するスマートフォン・タブレット用アプリを開発する。
    ※コグニサイズとは、認知症の発症を遅らせるために国立長寿医療研究センターが開発した、軽く息がはずむ程度の運動と脳に適度なストレスを与える計算、しりとりなどの課題を同時に行う取り組みの総称を表す造語。

問い合わせ先
(制度全般に関すること)
産業労働局商工部地域産業振興課
 電話 03-5320-4755
(助成金及び選定事業に関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社助成課
 電話 03-3251-7895~6

〔参考資料〕

「東京都地域中小企業応援ファンド」事業とは

事業内容

 本事業は、東京都及び国(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が資金を拠出して造成する「地域中小企業応援ファンド」の運用益を活用し、地域の魅力向上や課題解決に資する新たな取組を行う事業の掘り起しから、活用、イノベーションの創出までを行う事業者を助成金等で支援するものです。

事業の仕組み

画像

ページの先頭へ戻る