ここから本文です。

平成28(2016)年2月10日更新

報道発表資料

葛西臨海水族園

高校生・大学生向け講座 第5回「海の学び舎(や)」
ぼくらはみんな コルダータ Chordata開催!

 葛西臨海水族園(園長 田畑直樹)では、第一線で活躍する研究者やフィールドで活躍するナチュラリストが、海や川の環境やそこに暮らす生き物のおもしろさ、またそれらを探求し、研究することの楽しさを紹介する、高校生・大学生向けのシリーズ講座「海の学び舎」を開催しています。
 前半で講師の方のお話、後半でお茶を飲みながら参加者も交えた談話会を予定しています。今年度最後となる第5回は、以下のとおり開催します。高校生・大学生の皆さん、ぜひご参加ください。

画像
【私たちと同じコルダータChordataの仲間 ナメクジウオ(左)とマボヤ(右)】

1 日時

 平成28年3月13日(日曜) 13時30分~16時00分

2 内容

 タイトル「ぼくらはみんな コルダータChordata」

講師

 窪川かおる博士(東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センター特任教授)
 (協力)西野敦雄氏 弘前大学 農学生命科学部 生物学科 准教授

プロフィール

 早稲田大学教育学部卒業、同大学院理工学研究科物理及応用物理学専攻修了、理学博士。早稲田大学常勤嘱託職員、東京大学海洋研究所助手、同先端海洋システム研究センター教授、東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所特任研究員を経て、現在、同海洋アライアンス海洋教育促進研究センター特任教授。専門は海洋生物学(ナメクジウオの生物学)で、男女共同参画推進に関わる活動もおこなっている。主な図書に「海のプロフェッショナル」(編著、東海大学出版会)、「ナメクジウオ 頭索動物の生物学」(共著、東京大学出版会)、「海洋生物学」(翻訳、丸善出版)がある。

要旨

 ナメクジウオのすべてをお話しします。ナメクジでもない、サカナでもない、ナメクジウオ。砂の中にもぐっているので姿は見えませんが、水中では光の具合で七色に輝きます。その背中側には前後に走る1本の棒があり、脊索(せきさく)と言います。私たちも発生初期に脊索を持っています。何とマボヤも幼生期に脊索があります。ナメクジウオとホヤは私たちの仲間で、合わせて脊索動物門(Chordata)に分類されます。その中でもナメクジウオはもっとも原始的で、私たちの祖先に近い動物です。ホヤは外見からは想像できませんが、私たちに近い動物です。生きたナメクジウオとホヤから私たちの祖先を知る手がかりを探してみましょう。

画像
【窪川かおる氏。漁船でのナメクジウオの採集の様子】

3 場所

 本館2階 レクチャールーム

4 対象

 高校生・大学生

5 定員

 30名

6 参加費

 無料(入園料も無料となります)

7 応募方法

 Eメールで以下のとおりお申し込みください。
※ 応募者多数の場合は抽選を行い、当落にかかわらずお知らせします。

 manabiya2015(at)tokyo-zoo.netあてに、件名を「海の学び舎」とし、本文に希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送り下さい。お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください(特に、携帯電話からお申し込みの方はご注意ください)。

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

 【締切】平成28年3月6日(日曜)送信分まで有効

※このイベントは日本財団「海の学び ミュージアムサポート」の助成を受けて開催されます。

ご案内

葛西臨海水族園

  • <開園時間>
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日>
  • 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
    2月16日(火曜)、2月18日(木曜)は休園。
    3月30日(水曜)は開園。
  • <入園料>
    一般:700円、65歳以上:350円、中学生:250円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。 

ページの先頭へ戻る