ここから本文です。

平成28(2016)年2月10日更新

報道発表資料

多摩動物公園

佐渡トキ保護センターへ「トキ」移動

 多摩動物公園(園長 福田豊)では、環境省が進めるトキ保護増殖事業に協力するため、佐渡トキ保護センターからトキを預かり、非公開での飼育繁殖を行っています。今回は、昨年誕生したトキ9羽を佐渡トキ保護センターへ移動することになりましたので、お知らせします。

画像
【昨年生まれのトキ(左(8)・右(6))】

1.移動するトキ等

  •  移動予定日 平成28年2月18日(木曜)
    ※悪天候により移送日が順延になる場合があります。
  • 移動先佐渡トキ保護センター
  • 移動個体
    1. オス 平成27年4月23日 当園生まれ
    2. メス 平成27年4月23日 当園生まれ
    3. メス 平成27年4月25日 当園生まれ
    4. オス 平成27年4月27日 当園生まれ
    5. メス 平成27年5月 5日 当園生まれ
    6. メス 平成27年5月15日 当園生まれ
    7. オス 平成27年5月16日 当園生まれ
    8. オス 平成27年5月16日 当園生まれ
    9. オス 平成27年5月18日 当園生まれ

2.移動経緯

 動物を単独の施設で飼育すると感染症の発生にともない全滅の恐れがあるため、個体を複数の施設に分散して飼育する場合があります。環境省が進める保護増殖事業のトキについても、鳥インフルエンザ等の感染症対策として複数の施設に分散して飼育しています。
 都立動物園は40年以上にわたって佐渡トキ保護センターにおける飼育繁殖に技術協力をしてきた実績があることから、保全活動の調整機能をもつ野生生物保全センターがある多摩動物公園で、環境省の指示のもと非公開エリアで平成19年12月からトキを飼育しています。
 このたびは保護増殖事業計画に基づき、昨年繁殖した個体を佐渡トキ保護センターへ移動します。また、移動したトキは今後の放鳥計画により放鳥される予定です。

3.当園での飼育個体

 9羽(オス5羽・メス4羽) ※今回の移動個体を除きます。

4.日本の飼育状況(放鳥した個体を除く。2016年1月29日現在、環境省より)

佐渡トキ保護センター 104羽 (うち2015年生 9羽)
佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション 32羽 (うち2015年生 5羽)
多摩動物公園 18羽 (うち2015年生 9羽)
いしかわ動物園 14羽 (うち2015年生 4羽)
出雲市トキ分散飼育センター 6羽 (うち2015年生 0羽)
長岡市トキ分散飼育センター 9羽 (うち2015年生 3羽)
佐渡市トキふれあい施設 4羽 (うち2015年生 2羽)
  合計187羽 (うち2015年生 32羽)

【参考】●トキ(国の特別天然記念物、国際保護鳥)

  • 学名
     Nipponia nippon
  • 英名
     Japanese crested ibis
  • 分類
     ペリカン目 トキ科
  • 分布
     野生のトキは、20世紀初頭には中国、ロシア、朝鮮半島、台湾、日本など、東アジア一帯に広く分布しており、決して珍しい鳥ではなかった。江戸時代の日本でも北海道から九州までほぼ全国に生息していた。その後、乱獲と生息環境の悪化により東アジア一帯で減少が進み、中国を除き一旦絶滅した。その後の保護活動や野生復帰の取組み等により、現在野生のトキが見られるのは中国陝西省の洋県と寧陝県付近、および新潟県佐渡付近のみ。
  • 生息地
     水田や湿地、川など
  • 習性
     一年中ほぼ同じ場所に生息し、非繁殖期には群れを作り集団で生活する。ドジョウ、サワガニ、カエル、タニシ、昆虫など、もっぱら動物性の餌を食べる。
  • 繁殖
     1月頃、首から背中がグレーの繁殖羽に変わり、ペアでの交尾が確認されるようになる。大木に小枝を組んだ直径60~80cm程度の巣を作り、3月頃には産卵を開始する。卵は1日おきに1個ずつ、合計3個から4個を産卵する。有精卵だった場合、孵化までの日数は約28日。孵化後約35~45日で巣立ちを迎える。

さよならライオンバス また会う日まで
ライオンバス運行休止に伴う さよならイベントを開催!

 当園では、ライオンバス発着場の耐震化に伴う工事のため、平成28年4月1日から当面の間ライオンバス運行を休止するお知らせを昨年7月23日に発表したところですが、このたび「さよならイベント」第2弾として以下のイベントを予定しています。みなさまのご来園をお待ちしております。

画像
【ライオンのぬいぐるみ(イメージ)】

(1) オリジナルグッズが当たる!スクラッチくじ配布

  • 内容
    50年以上の長い間ご愛顧いただいたことに感謝して、各日先着3,000名様にライオンのぬいぐるみなどが当たるスクラッチカードくじを配布します。
  • 日時
    3月28日(月曜)~3月31日(木曜)の4日間
    9時30分~。当日分がなくなり次第終了。
    ※3月30日(水曜)は開園します。
  • 場所
    正門改札付近

(2) パネル展示「アフリカに生きる動物たち」

  • 内容
    ライオンをはじめ、アフリカに生きる動物たちの紹介と、昨年好評だった「ライオンバスの歴史」のパネル展示も行います。
  • 日時
    3月10日(木曜)~3月31日(木曜)9時30分~16時30分
  • 場所
    ウォッチングセンター エントランスホール

(3) 「くらべてみよう!ライオンバスと路線バス」

  • 内容
    園内にライオンバスと路線バス各1台を展示し、普段遠くからしか見ることができないライオンバスを間近に観察し、路線バスとの違いを発見していただきます。
  • 期日
    3月22日(火曜)、3月24日(木曜)
  • 場所
    正門広場

※運行中のバスに不具合が生じた場合、展示イベントを中止することがあります。ご了承下さい。
※混雑時に使用する場合がある予備車両を展示するため、当日混雑した場合、乗車までの待ち時間が長くなることがあります。

画像画像
【現在運行中のライオンバス】

ご案内

多摩動物公園

  • 開園時間
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • 休園日
    毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
    3月30日(水曜)は開園。
  • 入園料
    一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。 

 

ページの先頭へ戻る