ここから本文です。

平成28(2016)年2月10日更新

報道発表資料

恩賜上野動物園

1.ジャイアントパンダ「リーリー&シンシン」来園5周年記念 「えさの竹をリサイクルして紙すきを体験しよう!」

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、ジャイアントパンダのオス「リーリー」とメス「シンシン」が平成23年2月21日に来園してから5周年を迎えることを記念して、パンダのえさとして準備した竹のうち、鮮度が落ちて残ったものをリサイクルして紙すき体験を行います。
 当園ではパンダのえさとするため、常に数種類の竹を準備していますが、その日のパンダが食べる竹の種類や量については、まだ正確に予測することができません。パンダは新鮮な竹を好みますので、鮮度が落ちた竹や食べ残した竹が残ってしまいます。そのようにして残った竹を今回リサイクルします。
 限りある資源を大切に活用することにより、パンダの生息地である森林をはじめ、多様な野生生物が人と一緒に暮らせる地球環境の保全につなげることが、今回の体験の目的です。うえのパンダ大使もスタッフとしてお手伝いします。
 すいた紙を持ち帰って乾燥させると、竹のやさしい風合いの紙が出来上がります。ご来園の記念に、ぜひご参加ください。

画像 画像 画像
【左:リーリー(オス)、右:シンシン(メス)】 【うえのパンダ大使】

(1) 日時

 平成28年2月21日(日曜)13時30分~15時(雨天決行)

(2) 場所

 恩賜上野動物園内 東園 動物慰霊碑横テント

(3) 定員

 先着120組(未就学児のお子様には保護者の方のお手伝いをお願いします)

(4) 参加受付

 当日13時30分より、先着順で整理券を配布します。

(5) 内容

 スタッフの説明により、一組5分間程度で紙すき体験を行います。
 うえのパンダ大使もスタッフとして加わり、お手伝いします。
 できあがった紙は記念品として参加者に差し上げます。

(6) 参考

 当園では、資源としての竹の有効活用について、ほかにも次の通り取り組んでいます。

  1. パンダが食べる竹の種類や量を飼育係が毎日記録することで、その日のパンダが食べる竹の種類や量を、ある程度は予測することができるようになっています。これにより、以前よりも、残ってしまう竹の量を減らすことができるようになりました。
  2. 残った竹の一部を、アジアゾウなど、ほかの動物のえさや遊具として活用しています。

(7) その他

  1. うえのパンダ大使について
     パンダが大好きな7人の小学生です。パンダの魅力を伝える親善大使として、2012年に公募し、任命されました。これまで数多くのパンダに関する園内の催し物などで活躍しています。
  2. 今回の体験のようすについて、当園の職員が、ホームページなどでの広報に用いるため記録撮影を行いますので、ご了承ください。

2.両生爬虫類館特設展示 「ホネトハ展 両生類・爬虫類の見る骨(コツ)知る骨(コツ)」

 当園の両生爬虫類館(ビバリウム)では、両生類・爬虫類の多様な暮らしを体の中から支えている骨について、骨格標本や映像、生きている動物を通して分かりやすく解説します。知られざる両生類・爬虫類の骨の秘密をぜひ探ってみてください!

画像画像 画像
【展示予定:カメレオンの骨格標本】 【展示予定:カメレオン】 【参考:トカゲのレントゲン写真】

(1) 期間

 平成28年3月23日(水曜)~9月30日(金曜)

(2) 場所

 西園 両生爬虫類館(ビバリウム)
 エントランスホール内 特設展示コーナー

(3) 内容

 カエルなどの両生類や、カメ・ヘビなどの爬虫類がもつ色々な形の骨について、骨格標本などの資料によりご説明します。
骨には、その持ち主がどのような種でどのように暮らしているのか、生まれてから何年たったのか、どんな進化の道筋をたどったのかなど、多くの情報が隠されています。生きている動物では見ることができない体の中に隠された骨の視点から、両生類・爬虫類の多様性や彼らと私たちヒトとの意外な共通点を見つめなおします。

(4) 展示予定

  • 骨格標本
     オオサンショウウオ・コモドオオトカゲ・カエル類・ワニ類・カメレオン類など
  • 生きている動物
     カメレオン類など

3.サンデー!モーニングZOO 園内ツアー&セミナー世界野生生物の日スペシャル
「意外と知らない?こんなに身近なワシントン条約」

 3月3日は日本ではひなまつりの日として知られていますが、1973年3月3日にワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)が調印されたことにちなみ、2013年に国連が制定した「世界野生生物の日」でもあります。
 希少な生きものを守るための国際ルールであるワシントン条約について、そして、その保護の対象となっている動物たちの国際取引の現状について理解を深めていただくため、WWFジャパンと連携して、園内の動物解説ツアーとセミナーの2本立て特別イベントを行います。
 このプログラムは事前申込制となっておりますので、お誘い合わせのうえ、ぜひご応募ください。

画像
【ヒガシクロサイ】

(1) 日時

 平成28年2月28日(日曜)9時00分~12時00分(雨天決行)

(2) 場所

 恩賜上野動物園内(集合場所などの詳細については、参加者に別途お知らせします)

(3) 定員

 小学5年生以上60名(ひと組4名まで)

(4) 内容

  1. 上野動物園の職員による動物解説ツアー
    「ワシントン条約で保護される動物たち」(9時~)
     当園で暮らすワシントン条約で保護されている動物たちについて、実際に観察し
    ながら解説します。
  2. WWFのスタッフによるセミナー
    「意外と知らない?こんなに身近なワシントン条約」(11時~)
     当園で暮らす動物たちの生息地での状況や、野生生物と私たちの生活との繋がりについて紹介します。

(5) 応募方法

 参加希望者全員の氏名・年齢(学年)・代表者の住所・氏名・電話番号を明記し、
 「質問1:ワシントン条約について、どんなことをご存知ですか?」
 「質問2:今回のプログラムで知りたいことは何ですか?」
 への回答をご記入の上、専用応募フォーム・はがきのいずれかでお申し込みください。

  • 専用応募フォームURL:https://www.tokyo-zoo.net/event/wwd2016/
  • はがき:〒110-8711 台東区上野公園9-83 上野動物園 教育普及係「世界野生生物の日イベント」

※締切は平成28年2月17日(水曜)必着です。応募者多数の場合は抽選とし、平成28年2月21日(日曜)までに、当選の方にのみ参加証の発送をもってお知らせいたします。

(6) 注意事項

 当日、取材が入る場合があります。また、本プログラムのようすについて、当園の職員およびWWFジャパンのスタッフが、ホームページなどでの広報に用いるため記録撮影を行いますので、ご了承ください。

画像 画像
【ホウシャガメ】【マレーガビアル】

ご案内

恩賜上野動物園

  • <開園時間>
     9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日>
     毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
     3月28日(月曜)は開園。
  • <入園料>
     一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
     3月20日(日曜)は入園料無料(開園記念日)

※ 開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る