トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 2月 > 都立産業技術高等専門学校 学生の発明で特許を出願

ここから本文です。

報道発表資料  2016年2月29日  総務局

東京都立産業技術高等専門学校 学生の発明で特許を出願
デザインコンペティション2015 AMデザイン部門 経済産業大臣賞受賞作品

 公立大学法人首都大学東京は、東京都立産業技術高等専門学校の学生が発明し、全国高等専門学校デザインコンペティション2015 AMデザイン部門 夏大会で最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞した「パチッとシステム」の特許出願を完了しました。

出願製品について

  • 出願日
     平成28年2月19日(金曜)
  • 発明者
     服部司さん(ものづくり工学科 生産システム工学コース4年生)
     (指導教員 同コース 三隅雅彦准教授)
  • 発明製品
     「パチッとシステム」
  • 製品概要
     スマートフォン対応のキッチンフックで、専用のホルダーを使ってスマートフォンを目線の高さに設置可能。両手が自由になり場所もとらず、スマートフォンでレシピを表示しながら料理できるなど、家事をより楽しむことができる。
     デザインの特徴は、独自のばね構造を使った保持機構とこれを使用した保持システムで、内蔵されているばね構造により、ホルダーの左右を押すと簡単に固定ができ、上下のボタンでホルダーから取り外しが可能。
画像 画像
パチッとシステム(中央) ホルダー(上下のスイッチ)
画像
生産システム工学コース4年生
服部司さん

 東京都立産業技術高等専門学校は、首都東京の産業振興や問題解決に貢献するものづくりスペシャリストの育成を使命とし、新しい教育手法を用いて実践的技術者教育を行っています。身近にある問題を発見し、設定した課題を解決する取組や、生産システム工学コースで行われている3D-CADや3Dプリンタを応用した授業から、このようなアイデアが生まれ、3Dプリンタでの造形を前提としたデザインが高い評価を得ました。

全国高等専門学校デザインコンペティション2015 AMデザイン部門について

  • 開催日
     平成27年8月26日
  • 主催
     一般社団法人全国高等専門学校連合会・独立行政法人国立高等専門学校機構
  • 目的
     「地域貢献できるアイデア豊かなものづくり人材育成」、「3Dプリンタのものづくり教育のツールとしての普及」
  • テーマ
     IT関連グッズ
  • 参加条件
     高専に設置されている3D・CADと3Dプリンタの使用

※Additive Manufacturingの略で、高精度な3Dプリンタで採用されている積層造形法を指します。

問い合わせ先
東京都立産業技術高等専門学校
 電話 03-3471-6331
 ファクス 03-3471-6338

ページの先頭へ戻る