トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 2月 > 恩賜上野動物園 ジャイアントパンダの展示を再開

ここから本文です。

報道発表資料  2016年2月12日  建設局

ジャイアントパンダの展示を再開します。

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、平成28年2月4日(木曜)から繁殖に向けた同居を行うためジャイアントパンダの展示を中止していました(平成28年2月3日発表済)が、シンシン(メス)に強い発情の徴候が観察されないため、2月13日(土曜)から展示を再開することとしましたのでお知らせいたします。

画像 画像
リーリー シンシン

1.展示を再開する動物

 ジャイアントパンダ

  • リーリー(オス) 2月13日(土曜)から展示再開予定
    2005年8月16日
    臥龍保護センター生まれ
  • シンシン(メス) 展示再開日は未定
    2005年7月3日
    臥龍保護センター生まれ

※シンシンについては麻酔下での健康診断を行なうため展示再開日は未定です。シンシンの展示再開日については当園のホームページ等でお知らせいたします。

2.展示中止から再開までの経過

 展示を中止してからは、2頭を柵越しにお見合いさせるなど、行動の変化を注意深く観察してきました。
 リーリーは、シンシンに対して強い興味を示し、動き回る、恋鳴きをする、匂いつけを頻繁にするといった行動の変化、シンシンにも行動量が増える、リーリーの鳴き声に応える、体の一部を水に浸けるなどの変化が観察されました。
 このような発情に伴う行動の変化は現れているものの、発情のピーク時に見られるような、柵越しに同じ動きをする、頻繁に鳴き交わす、メスがオスを許容するような行動は見られませんでした。
 尿中ホルモンなどの生理学的データからも発情兆候が確認されましたが、ピーク時のような大きな変化が現れず、行動と生理学的データから総合的に検討して、今後お見合いをさせても、同居及び人工授精の機会はないものと判断しました。

3.今後について

 通常の飼育管理下で健康状態を観察していきます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
 電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

〔参考〕

ご案内

【恩賜上野動物園】

  • <開園時間>
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日>
    毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
    3月21日(月曜)は開園。
  • <入園料>
    一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料です。
    3月20日(日曜)は入園料無料(開園記念日)

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る