トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 2月 > 日本コンクリート工業(株)のくい工事データ転用等

ここから本文です。

報道発表資料  2016年2月10日  財務局,都市整備局

都有施設における日本コンクリート工業(株)の施工したくい工事のデータ転用等について(第2報)

 日本コンクリート工業(株)による三郷浄水場(埼玉県三郷市)内でのくい工事データ書換えがあったため(平成27年12月21日発表)、都では同社に対し、同社が過去10年間に施工した都有施設におけるくい工事33件について、施工結果報告書の点検を指示しました。
 その結果、本年1月26日、同社から、施工結果報告書を保管していた31件のうち、下記2件の工事でデータ転用があったとの報告を受けました。
 都では、この2件について、転用の事実を確認するとともに、転用の認められるデータ以外の施工記録や現地調査により施工状況を確認しました。その結果、安全上の問題はありませんでした。
 また、同社が施工結果報告書を保管していなかった残りの2件については、都が確認した工事に関する資料、竣工図及び現地調査により適正に施工されていると判断しており、安全上の問題はありません。

1 データ転用の内容

  1. 都立石神井高等学校(平成19年完成・練馬区関町北)
    くい238本のうち、3本の電流計データが他のデータと同一
  2. 道路擁壁設置工事(平成21年完成・江東区豊洲)
    くい137本のうち、1本の電流計データが他のデータと同一
    くい137本のうち、1本の電流計データが2種類存在

2 安全性の確認について

 データ転用の認められた2件のくい工事については、設計図書や施工記録から、くいの長さ、セメントの使用量、地盤状況などを確認しており、適正に施工されていると判断しています。
 また、並行して行った現地調査においても、構造上支障となるひび割れ、傾き等の不具合は見られません。

問い合わせ先
財務局建築保全部技術管理課
 電話 03-5388-2805
都市整備局市街地整備部管理課
 電話 03-5320-5449

ページの先頭へ戻る