ここから本文です。

平成28(2016)年1月13日更新

報道発表資料

〔別紙〕

第5回「TOKYO BRAND MEETING」に登場する著名人プロフィール

桑田真澄(くわたますみ)

画像

 大阪府出身、1968年生まれ。
 高校野球の名門校PL学園で、1年からエースとして活躍。チームメイトとともに甲子園5季連続出場(優勝2回、準優勝2回)。甲子園通算20勝(戦後歴代1位)、甲子園本塁打6本(戦後歴代2位タイ)。
 1986年 ドラフト1位で読売巨人軍入団。
 2006年 米大リーグ挑戦のため21年間在籍した巨人軍を退団。通算173勝。沢村賞、最優秀選手、ベストナイン、最優秀防御率、最多奪三振などのタイトルを獲得。
 2007年 ピッツバーグ・パイレーツでメジャー初登板。翌2008年3月に現役を引退。
 2010年 早稲田大大学院スポーツ科学研究科修士課程修了。
 2011年 現役中から少年野球チーム「麻生ジャイアンツ」を主宰し自らも指導を行っていたが、特定非営利活動法人アミーチ・デル・クオーレを立ち上げ、主に子どもたちの野球の育成、新しい時代にあった合理的な指導法の普及などに努める。


為末大(ためすえだい)

画像

 1978年広島県生まれ。
 陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2014年10月現在)。
 2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダル。
 シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。2003年、プロに転向。2012年、25年間の現役生活から引退。
 現在は、一般社団法人アスリートソサエティ(2010年設立)、為末大学(2012年開講)、Xiborg(2014年設立)などを通じ、スポーツ、社会、教育、研究に関する活動を幅広く行っている。


ページの先頭へ戻る