トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 1月 > 「2016 AIIT PBLプロジェクト成果発表会」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年1月13日  総務局

明日のITとものづくりを考える
2016 AIIT PBLプロジェクト成果発表会を開催

 産業技術大学院大学(Advanced Institute of Industrial Technology:略称「AIIT」)は、創立以来9回目となる「2016AIIT PBLプロジェクト成果発表会」を平成28年2月11日(木曜・祝日)に東京国際フォーラムで開催します。

2016年発表会の見どころ

 マイナンバー、オリンピックなど注目のテーマが勢ぞろい

 「公共分野におけるプライバシーリスク評価手法の開発」
 「訪問看護ステーション支援事業の分析とBPR提案」
 「2020年東京オリンピックにおける多機能パーソナルモビリティの提案」
 「偏光イメージングのための多角的撮像システムの開発と応用研究」 他

AIITのPBLとは

 多種多様な経歴の学生が結集したチーム学修

 AIITのPBLとは、Project Based Learningという実務体験型の教育手法であり、プロジェクトの明確なゴールを設定し、課題を達成する過程でIT業界及びものづくり業界で真に役立つ実践的なスキル、ノウハウ及びコンピテンシーを身につけることができるものです。
 AIITのPBLは、研究型大学院の修士論文に値し、2年生は1年間かけて1つのPBLプロジェクトに取り組みます。このプロジェクトは、1チーム約5名の学生と3名の指導教員で構成され、徹底的な指導が行われています。またプロジェクトのテーマ設定にも、産業界の声を取り入れ、地に足の着いたテーマで取り組めることが特徴です。

「2016 AIIT PBLプロジェクト成果発表会」 開催概要

開催日時

 平成28年2月11日(木曜・祝日) 9時30分~17時30分

開催場所

 東京国際フォーラム ホールB5
 (千代田区丸の内3-5-1 JR・東京メトロ有楽町駅)

発表内容

 プレゼンテーション:1チーム30分で発表
※チーム発表内容の詳細は、別紙資料等を参照ください。

 参加型のブース:学生とご来場の皆様が直接意見を交換できる各チームの成果(プロトタイプ)やパネルを展示

申込方法等

 事前申込不要、入退場自由、入場無料

画像 画像 画像
昨年度の発表の様子

問い合わせ先
産業技術大学院大学管理部管理課
 電話 03-3472-7834
 ファクス 03-3472-2790

〔参考〕

産業技術大学院大学について

 公立大学法人首都大学東京が設置する公立の専門職大学院で、情報分野のスーパープレーヤーである「情報アーキテクト」を育成する「情報アーキテクチャ専攻」と感性と機能の統合デザイナーとしてイノベーションをもたらす「ものづくりアーキテクト」を育成する「創造技術専攻」の二つの専攻があります。
 社会人の学生が多い特徴があり、平日夜間・土曜昼間の授業開講、クォータ制(4学期制)、ブレンディッドラーニング(録画授業と対面授業を組み合わせた講義体系)、講義支援システム(原則全講義のビデオ録画・Web配信)、長期履修制度、AIIT単位バンク制度(科目等履修生制度)、遠隔授業といった学習環境を提供しています。

産業技術大学院大学 基本データ

  • 名称
     産業技術大学院大学 (Advanced Institute of Industrial Technology)
  • 住所
     東京都品川区東大井一丁目10番40号
  • 設置者
     公立大学法人首都大学東京
  • 開設
     平成18年4月
  • 学長
     石島辰太郎
  • 研究科等の名称
    • 産業技術研究科情報アーキテクチャ専攻(専門職学位課程)
    • 産業技術研究科創造技術専攻(専門職学位課程)
  • 学位の名称
    • 情報システム学修士(専門職)
    • 創造技術修士(専門職)
  • 学生数(平成27年10月1日現在)
     239名(情報アーキテクチャ専攻126名・創造技術専攻113名)
  • 教員数(平成27年10月1日現在)
     27名(情報アーキテクチャ専攻13名・創造技術専攻14名)

ページの先頭へ戻る