ここから本文です。

平成28(2016)年1月7日更新

報道発表資料

1.旧岩崎邸庭園

(1)庭さんぽ~職員とめぐる、旧岩崎邸~

 旧岩崎邸庭園の洋館や通常非公開としている地下室や撞球室を職員がご案内します。
 120年を迎える歴史ある庭園をめぐりながら、日々の管理や現在行われている補修工事等にも触れ、旧岩崎邸庭園の魅力を職員ならではの視点でご案内します。
 国の重要文化財である当園の魅力に触れるひとときをお過ごしください。

画像
旧岩崎邸庭園 洋館

日時

 平成28年2月14日(日曜)
 10時00分・15時00分(各回約60分)※荒天中止

集合

 洋館正面玄関前

参加費

 無料(入園料別途)

定員

 各回20名(当日先着順)

参加方法

 当日9時から入園券売場で整理券を配布しますので、入園券の購入時に参加希望の旨、職員へお声かけいただき整理券を受け取ってください。

その他

  • 当催しは、通常は非公開としている段差の多い場所を含んだコースをご案内するため、階段等の昇降が困難な方のご参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
  • 当園は重要文化財に指定されているため、館内での写真撮影は、建物等保護の観点からお断りしています。
  • 館内には暖房設備がありませんので、ご来園の際は、暖かな服装でお越しください。また、館内はスリッパ等を履くことができませんので、お足元の防寒には厚手の靴下等をご用意ください
画像
職員の案内による過去のガイドの様子

旧岩崎邸庭園について

 国指定重要文化財。三菱財閥創設者岩崎彌太郎の長男で、第3代社長の岩崎久彌の邸宅として、明治29(1896)年に竣工しました。往時は15,000坪の敷地に、20棟以上の建物が立ち並んでいましたが、現在は3分の1の敷地面積となり、ジョサイア・コンドル設計の洋館と撞球室、名棟梁大河喜十郎が手がけた和館大広間の3棟が残っています。

開園時間

9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

休園日

12月29日~1月1日

住所

台東区池之端1-3-45

交通

東京メトロ千代田線 湯島駅下車 徒歩3分
東京メトロ銀座線 上野広小路駅下車 徒歩10分
都営大江戸線 上野御徒町駅下車 徒歩10分
JR 御徒町駅下車 徒歩15分
※駐車場はございません。

入園料

一般 400円 65歳以上 200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

問い合わせ先

旧岩崎邸庭園サービスセンター  電話:03-3823-8340

ホームページ

公園へ行こう!

庭園ガイド

毎日11時00分・14時00分(各回60分程度)※荒天中止
集合:洋館前(雨天時は洋館内に変更)
参加費:無料

撞球室特別ガイド

毎月第2木曜日、第3金曜日 各日10時30分(60分程度)※荒天中止
集合:洋館前(雨天時は洋館内に変更)
先着20名 ※当日9時00分から入園券売場で整理券を配布。
参加費:無料

英語ガイド

毎月第1土曜日 14時00分(60分程度)※荒天中止
集合:洋館前(雨天時は洋館内に変更)
参加費:無料
※外国の方向けの庭園ガイドです。

交通案内

画像

園内マップ

画像

ページの先頭へ戻る