トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 1月 > 中小テナントビル低炭素パートナーシップを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年1月27日  環境局

カーボンレポートの普及拡大を目指す
「中小テナントビル低炭素パートナーシップ」
第2回連絡会を開催します

 都は、中小テナントビルの低炭素化を推進するため、「カーボンレポート」を提供しています。このカーボンレポートは、ビルの省エネ性能を入居希望者などにアピールすることができるツールです。
 都は、カーボンレポートの普及と活用の拡大を図るため、不動産市場に関わる様々な団体や有識者と「中小テナントビル低炭素パートナーシップ」を立ち上げ、意見交換を行っています。
 昨年5月に開催した第1回連絡会では、カーボンレポートの活用促進策とともに、低炭素不動産がテナントなどに評価される策などが議論されました。都は会議での助言を受けて、不動産仲介事業者などテナントに接点を持つ方々を対象に、カーボンレポートの認知度や低炭素不動産の市場での価値を向上させるためのセミナーを開催してまいりました。
 今回の第2回連絡会では、今年度の活動の振り返りと、今後の取組などについて意見交換を行うこととなりましたので、お知らせいたします。

中小テナントビル低炭素パートナーシップ 第2回連絡会 概要

1)開催日時・場所

 平成28年2月3日(水曜)15時00分~17時00分 都庁第二本庁舎10階 212会議室

2)メンバー

 第1回連絡会と同様

3)内容

  • 今年度の活動の振り返りについて
  • カーボンレポートの改善点とさらなる普及と活用の拡大に向けた取組について

中小テナントビル低炭素パートナーシップ 平成27年度の主な活動状況

5月1日 第1回連絡会
(URL)http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/businesses/ps201505.html
7月13日 分科会
9月9日 第1回 テナントビルの低炭素化・省エネ化の普及促進セミナー
(URL)http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/businesses/seminar/27_1.html
11月25日 分科会
12月18日 第2回 テナントビルの低炭素化・省エネ化の普及促進セミナー
(URL)http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/businesses/seminar/27_2.html

中小テナントビル低炭素パートナーシップ第1回連絡会

1)開催日時・場所

 平成27年5月1日(金曜)15時00分~17時00分 都庁第二本庁舎10階 214会議室

2)メンバー

 不動産仲介事業者3名、ビルオーナー等2名、不動産信託2名、有識者4名

3)議事要旨

  • テナント及びテナントとの接点を持つ不動産仲介事業者に、ビルの省エネ性能が高いことによるメリットを認識してもらう必要がある。
  • カーボンレポートについて、ビルによって運用状況が様々なので、入居率などを補正し、比較や活用が容易にできるよう改善を検討する必要がある。

第1回 テナントビルの低炭素化・省エネ化の普及促進セミナー

1) 開催日時・場所

 平成27年9月9日(水曜)16時00分~17時45分
 都庁第二本庁舎10階 210・211会議室

2) 内容

  • 「中小ビルの省エネビル経営の視点」
    株式会社昌平不動産総合研究所
    取締役 清宮仁氏
  • 「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律と表示制度等について」
    国土交通省住宅局住宅生産課建築環境企画室
    課長補佐 宮森剛氏
  • 「低炭素ビル普及促進に向けた取組について」
    東京都環境局
  • 「省エネ診断からわかるエネルギー使用の問題点」
    公益財団法人東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター
    技術専門員 村瀬光一氏

第2回 テナントビルの低炭素化・省エネ化の普及促進セミナー

1)開催日時・場所

 平成27年12月18日(金曜)15時30分~17時15分
 都議会議事堂1階都民ホール

2)内容

  • 「グリーンリース~ビルオーナーとテナントの省エネ・環境配慮を推進するWin-Winの取組~」
    国土交通省土地・建設産業局不動産市場整備課
    課長補佐 多田佐和子氏
  • 「ビルオーナーによる省エネ・省CO2の取組」
    一般社団法人東京ビルヂング協会
    事務局次長 金子衛氏
  • 「テナント仲介時における積極的な取組」
    三鬼商事株式会社
    常務取締役 営業部長 鯉川英一氏
  • 「エネルギー管理と電力自由化」
    公益財団法人東京都環境公社東京都地球温暖化防止活動推進センター
    技術専門員 常慶隆一氏

カーボンレポート

 カーボンレポートは、中小テナントビルのオーナーが、東京都に提出した地球温暖化対策報告書の内容に基づいて作成するものです。ビルオーナーは、低炭素ベンチマークや温暖化対策の実施状況をカーボンレポートに示すことで、テナント入居者や入居希望者等に保有するビルの省エネ性能をアピールして、入居を促すことができます。

画像 画像
カーボンポートレート表面:Aサイズ カーボンポートレート裏面

カーボンレポートの活用による不動産取引(イメージ)

  1. 省エネ改修によりビルの省エネ性能向上
  2. 仲介事業者等がテナントとの契約交渉時に、カーボンレポートにより省エネ性能をアピール
  3. 電力料金等コスト削減によりテナント入居者が集まり、市場から高い評価
  4. 稼働率や賃料アップにより、更なる省エネ投資の意欲向上
画像

 カーボンレポートは、不動産取引の場だけでなく、来訪者への温暖化対策やCSR活動のPR、入居予定ビルの電気料金の推計など、幅広い活用が可能です。
 詳細はカーボンレポートの利用方法に関するガイドラインをご覧ください。

問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部地域エネルギー課
 電話 03-5388-3517

ページの先頭へ戻る