トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 1月 > 小笠原諸島 聟島列島聟島でアホウドリのヒナを初確認

ここから本文です。

報道発表資料  2016年1月15日  環境局

小笠原諸島 聟(むこ)(じま)列島聟島でアホウドリのヒナを初確認

 本年1月9日に聟島で初めてアホウドリのヒナの誕生が確認されました。小笠原諸島でアホウドリの親鳥とヒナが一緒にいる場面を確認したのは、戦後初めてのことになります。
 番い(つがい)の雄はアホウドリの保護増殖事業(新繁殖地の形成)において平成20年に鳥島(伊豆諸島)から移送し巣立った個体(7歳)で、雌は野生個体です。平成24年11月から3年間、番いとなって卵を産んでいましたが、ヒナの孵化には至っていませんでした。
 東京都から委託を受け、現地で観察を続けていた(公財)山階鳥類研究所がヒナの姿を記録しました。

画像 画像
聟島で確認されたアホウドリ(雄個体)とヒナ(腹の下) ヒナの拡大

(参考)都のこれまでの小笠原諸島におけるアホウドリの保護増殖の取り組み

 昭和53年~ アホウドリ類のモニタリング調査(足環標識)
 平成9年~ 聟島列島でのノヤギ排除 (平成15年に完了)
 平成24年~ 誘引策(デコイ設置等)、飛来状況調査、普及啓発実施


問い合わせ先
環境局自然環境部緑環境課
 電話 03-5388-3454

ページの先頭へ戻る