トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 1月 > 地方創生を支える「税務の達人」の育成を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2016年1月15日  主税局

地方創生を支える「税務の達人」の育成を実施します!!

 東京都では、「東京都総合戦略」の取り組みとして、地方創生を支える「税務の達人」を育成していきます。【東京都総合戦略 47ページ】
 これは、都税の法人課税、資産評価、滞納整理の各部門で全国自治体の税務職員を6か月程度から1年受け入れ、東京における多種多様な調査等の実務を経験することで「活きた実務スキル」を共有するとともに、豊富な知識・経験を持つ都職員を講師として全国への派遣を実施していく取り組みです。
 また、ITを活用した税務実務のネットワークを構築し、税務ノウハウの向上を図るなど、全国の税務職員が「税務の達人」として成長することで、全国自治体の地方税収の確保に寄与していきます。

1 「税務の達人」の特徴

  1. 主税局の税務現場において、実際に「法人調査」「家屋評価」「滞納整理」などの実務に従事していただきます。
  2. 派遣期間中は、実務のほか、実務研修やセミナーなども参加していただけます。
  3. 都と派遣職員、また、派遣職員同士のFace to Faceの強固な人間関係によるネットワークを構築し、情報共有を促進することにより、全国自治体のさらなる税務スキルの向上を目指していきます。
  4. 地元の自治体には、ご要望に応じて、都職員を派遣するなど、その後もしっかりとフォローしていきます。

2 受入れ部門・対象者

  1. 法人課税部門(外形法人課税等)<道府県の実務経験1年以上の職員>
  2. 資産評価部門(家屋評価)<道府県及び市町村の実務経験1年以上の職員>
  3. 滞納整理部門(困難事案)<道府県及び市町村の職員>

※法人課税部門・資産評価部門は都税事務所、滞納整理部門は主税局徴収部

3 プログラム内容

 別紙のとおり

4 期間(6か月程度から1年)

 第1期 平成28年 4月から平成28年9月まで
 第2期 平成28年10月から平成29年3月まで
問い合わせ先
主税局総務部総務課
 電話 03-5388-2918

ページの先頭へ戻る