ここから本文です。

平成28(2016)年1月14日更新

報道発表資料

〔別紙1〕

平成27年度 猛獣脱出対策訓練スケジュール

平成28年2月2日
時間 脱出動物(シマウマ)の行動 園の対応
13時20分 地震発生 園長室に管理職が集合し、緊急会議を開催する。
展示動物対応隊長は、地震による動物及び動物舎に異常がないか点検の指示を出す。
13時30分 地震によりシマウマ舎放飼場の柵が倒れ、シマウマが園内に脱出し、シマウマ舎周辺をうろつく。 園長は、園長室に猛獣等脱出対策本部(以下、対策本部という。)の設置を宣言する。
誘導救護隊長は、来園者の避難誘導をガードマンに指示する。
飼育展示対応隊長は、捕獲班の召集を行うと同時に、本部長に報告する。
シマウマ舎から小獣館方向に移動する。 関係機関(警察・消防)への通報、入園規制(想定)などをおこなう。
13時38分 小獣館と西園食堂の遮断網により、シマウマ舎の方向に戻り、キリン舎方向へ向かう。 本部長は、動物病院係長に麻酔銃の準備及び現地に車輌で向かうよう指示する。
警察・消防車輌が池之端門付近に到着し、待機中。
13時42分 ハシビロコウ舎とオカピ舎間の遮断網にシマウマが突進する。
職員1名が心臓発作を起こし倒れる。
誘導救護隊救護班が、負傷者の救急救命処置(AED・心臓マッサージ)を行う。
園内待機中の救急隊に引き継ぎ、救急車にて病院へ搬送する。
13時43分 両生爬虫類館前に移動。 各所に遮断網を配備し、徐々にシマウマを追い込んでいく。
13時47分 西園フラミンゴ舎周辺に移動。 捕獲場所を西園モノレール駅前に決定し、対策本部を現地に移設する。
13時48分 西園モノレール駅周辺に移動。 各捕獲隊は徐々に遮断網を狭めていく。
13時50分 いそっぷ橋方向に移動。
シマウマに接触し、職員1名が負傷。
誘導救護隊救護班が、負傷者の応急処置を行い、安全な場所に担架で避難させる。
13時52分 いそっぷ橋方向から西園モノレール駅前の広場をうろつく。 麻酔銃の準備が完了。
13時53分 動物病院車輌と遮断網に追い立てられ、完全に包囲される。 展示動物対応隊長は、麻酔銃の使用を指示する。
麻酔班の車輌がシマウマに近づく。
13時54分 麻酔が命中。徐々に麻酔が効き、倒れる。 麻酔銃を発射。麻酔の効果を確認する。
13時57分 捕獲、収容される。 捕獣網をかけ、捕獲する。本部長は、非常配備体制の解除を宣言。
14時00分 西園モノレール駅付近に集合、園長から講評。

ページの先頭へ戻る