トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 12月 > 2015年農林業センサス-東京都分調査速報

ここから本文です。

報道発表資料  2015年12月22日  総務局

2015年農林業センサス ―東京都分調査速報―

 平成27年2月1日現在で実施した2015年農林業センサスの調査結果概要(東京都分速報)を取りまとめましたので、お知らせします。

調査結果の概要

農林業経営体数は、前回調査と比べ20.6%減

 東京都の農林業経営体数は6,203経営体で、前回調査(2010年世界農林業センサス)に比べて1,612経営体(-20.6%)減少した。このうち、農業経営体数は6,020経営体、林業経営体数は293経営体となり、前回に比べてそれぞれ1,435経営体(-19.2%)、232経営体(-44.2%)減少した。

農林業経営体数の推移
画像
注) 農業経営と林業経営を併せて営んでいる経営体があるため、農業経営体数と林業経営体数の合計と農林業経営体数は一致しない。

単一経営上位3部門(露地野菜、花き・花木、果樹類)で全体の59.6%

 農業経営組織別に販売のあった5,378経営体の構成割合をみると、単一経営が67.6%となり、前回に比べて1.8ポイント増加した。また、単一経営の部門別では、露地野菜(構成比33.7%)、花き・花木(同14.5%)、果樹類(同11.4%)の上位3部門で全体の半数以上(同59.6%)を占めている。

農業経営組織別農業経営体数の構成割合
画像
注)
 単一経営…農産物販売金額のうち、主位部門の販売金額が8割以上の経営体をいう。
 複合経営…農産物販売金額のうち、主位部門の販売金額が8割未満(販売のなかった経営体を除く。)の経営体をいう。

 東京都ホームページ「東京都の統計」「農林業センサス東京都分調査速報」にも掲載しています。

問い合わせ先
総務局統計部産業統計課
 電話 03-5388-2291

ページの先頭へ戻る