トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 12月 > 26年度東京都内における航空機騒音の調査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2015年12月16日  環境局

平成26年度東京都内における航空機騒音の調査結果について

 平成26年度の東京国際空港(羽田空港)、横田飛行場、立川飛行場及び調布飛行場の周辺地域並びに厚木飛行場(神奈川県)に近接する町田市の一部地域における航空機騒音の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。
 調査結果において、環境基準に適合していない地点があるので、都は、国や米軍に対して、航空機騒音防止対策の推進を図るよう引き続き要請を行っていきます。

平成26年度調査結果の概要

飛行場 調査の種類 環境基準指定地域内の
測定地点数
環境基準
適合地点数
備考
東京国際空港
(羽田空港)
固定 5 5
  • すべての地点で環境基準に適合しました。
分布 5 5
横田飛行場 固定 4 2
  • 基準適合地点が1地点減りました。
  • 環境基準に適合しない5地点はいずれも滑走路延長線上でした。
分布 12 9
厚木飛行場 固定 3 3
  • 基準適合地点が2地点増えました。
  • 環境基準に適合しない2地点は、1地点は滑走路延長線上、1地点は滑走路延長線上から約1キロメートル離れている地点でした。
分布 8 6
立川飛行場 固定 2 2
  • すべての地点で環境基準に適合しました。
分布 3 3
調布飛行場 分布 2 2
  • すべての地点で環境基準に適合しました。

(注)
 固定調査:同一地点で、通年連続して測定を実施する調査
 分布調査:騒音の影響範囲の広がりを把握するため、飛行コース延長直下のような基軸となる地点や指定地域の境界付近等において、短期間で実施する調査(測定地点は、原則前年度と同一地点で実施)

※別添 平成26年度東京都内における航空機騒音の調査結果(PDF形式:421KB)

問い合わせ先
環境局環境改善部大気保全課
 電話 03-5388-3498

ページの先頭へ戻る