トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 12月 > 中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化を支援

ここから本文です。

報道発表資料  2015年12月25日  警視庁,産業労働局

平成27年度新規事業
中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化に向けた
「相互協力協定」の締結及び「サイバーセキュリティ東京スクラム2016」の開催について

 東京都及び警視庁では、中小企業支援機関と連携し、中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化を支援する取組を開始します。相互協力協定を締結するとともに、キックオフイベントとして「サイバーセキュリティ 東京スクラム2016」を開催しますので、お知らせします。

「相互協力協定」について

締結日時

 平成28年1月14日(木曜) 14時00分~14時20分
 (「サイバーセキュリティ 東京スクラム2016」開始前)

締結者

 東京都、警視庁、中小企業支援機関5団体※
※東京商工会議所、東京都商工会議所連合会、東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、(公財)東京都中小企業振興公社

協定による連携事項

  1. 中小企業のサイバーセキュリティ意識の啓発活動
  2. サイバーセキュリティに関する情報共有の枠組みの構築
  3. サイバーセキュリティに関する相談体制の構築
  4. サイバーセキュリティ事案発生時の相互連携

「サイバーセキュリティ 東京スクラム2016」について

日時

 平成28年1月14日(木曜)14時20分~15時35分(開場13時30分)

会場

 東京都庁第一本庁舎5階 大会議場

対象

 中小企業経営者、従業員など

定員

 400名(入場無料、要事前申込、定員になり次第締め切り)

第1部《14時20分~14時35分》 挨拶

 東京都知事 舛添要一 
 警視総監 高橋清孝
 武蔵野商工会議所会頭 稲垣英夫

第2部《14時40分~15時35分》 講演

  • 14時40分~14時55分
    「サイバー空間の脅威の現状について」
    警視庁犯罪抑止対策本部 副本部長 早川智之
  • 14時55分~15時35分
    基調講演

 「サイバーセキュリティの脅威と、今、中小企業に必要な対策と組織能力」

画像

 トレンドマイクロ株式会社 上級サイバークライムアナリスト 平原伸昭氏
 サイバー空間の脅威が、業種、企業規模に関わらず様々な組織に実被害をもたらしています。被害内容には、企業の機密情報や個人情報を狙った外部からの攻撃、内部犯行による情報漏えいや、企業の口座から現金を盗み取るインターネットバンキングに係る不正送金といったものがあります。
 講演ではトレンドマイクロ(株)が分析した事実を元に、サイバー空間における最新の脅威の傾向、今、中小企業がすべき対策、そして中長期的に取り組むべき課題を解説します。


申込先

 右記のURLよりお申込みください http://sogyoshien.tokyo/cybersecurity/

問い合わせ先
(サイバーセキュリティ対策に関すること)
警視庁サイバーセキュリティ対策本部準備室
 電話 03-3581-4321
(「サイバーセキュリティ 東京スクラム2016」に関すること)
産業労働局商工部調整課
 電話 03-5320-4797

ページの先頭へ戻る