トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 12月 > 新客船ふ頭ターミナルビルの概要について

ここから本文です。

報道発表資料  2015年12月25日  港湾局

新客船ふ頭ターミナルビルの概要について

 港湾局では、世界最大級のクルーズ客船にも対応できるよう、2020年オリンピック・パラリンピック大会までに、新たな客船ふ頭の整備を進めています。
 この度、ふ頭のターミナルビルの概要が決まりましたので、お知らせします。

画像 画像
ターミナルビルの外観イメージ 開放的なロビーのイメージ

ターミナルビルの構造等

  • 鉄骨造4階建て(最高高さ 約35メートル)
  • 計画面積 約15,000平方メートル、奥行 約40メートル、幅 約130メートル

ターミナルビルの特徴《設計コンセプト:首都の玄関口》

  • ダイナミックな大屋根
    「海の波」、「船の帆」、「日本の伝統的な屋根のそり」をイメージ
  • 開放的なロビー空間
    高い天井とトップライトからの自然採光により開放的で心地よいロビー空間を実現
  • 木材使用による日本らしさの創出
    内装には木材も使用。今後、実施設計を進める中で、多摩産材の活用も検討
  • 自然エネルギーの活用
    大屋根を活用して太陽光発電等の自然エネルギーを積極的に採用

問い合わせ先
(ターミナルビルについて)
港湾局港湾整備部施設建設課
 電話 03-5320-5642
(ふ頭計画について)
港湾局港湾整備部計画課
 電話 03-5320-5611

〔参考〕

新客船ふ頭の整備位置

臨海副都心の「船の科学館」の先の海上に整備
画像

ページの先頭へ戻る