トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 12月 > 東京ビジネスデザインアワードのテーマ賞発表!

ここから本文です。

報道発表資料  2015年12月14日  産業労働局

東京デザインコンペティション事業
東京ビジネスデザインアワード テーマ賞発表!
公開審査にて最優秀賞及び優秀賞を選出します

 東京都では、中小企業とデザイナーとの協働を目的とした企画提案型デザインコンペティション、「東京ビジネスデザインアワード」を実施しています。
 平成27年度は都内の中小企業から公募した固有の技術や特殊な素材など13のコンペティションテーマに対し、新たな用途の開発等を軸とした事業提案をデザイナーから募集しました。
 この度審査の結果、以下のとおり10件のテーマ賞が決定しましたので、お知らせいたします。
 今後、テーマ賞を受賞したデザイナーと企業は、協働により提案内容をブラッシュアップさせ、平成28年1月27日に開催される「提案最終審査」においてプレゼンテーションを実施します。
 「提案最終審査」は公開で実施され、その場で最優秀賞及び優秀賞が選出されます。

テーマ
提案
企業名
提案者
キャンドルの製造で培った“ワックス成形技術”
天然素材を使用した多機能ワックス
佐藤油脂工業株式会社
サワノエミ
永久磁石をシリコンで包み込む“シリコンラバーマグネット”
マグネットとシリコンを活用したアタッチメント
株式会社マグエバー
小関隆一
錫合金エテナを用いた“鏡面仕上げと凸模様の表現技術”
錫の素材特性を活かした中空構造の器
株式会社アートランド
河合優吉
高輝度反射材を使った“高精細レーザープリント技術”
高輝度反射材を使ったファッションリメイクブランド
八欧産業株式会社
三浦慎也 他2名
製本と針金加工を組み合わせた“アイレット中綴じ技術”
アイレット技術を活かしたデコレーショングッズ
株式会社ウキマ
榎本大輔 他1名
油圧部品の製造で培った“丸棒精密機械加工技術”
金属の丸棒加工を応用した装飾金物ブランド
株式会社大和精機製作所
菊地大作 他3名
スプリングバック方式を利用してカシメる“アルミの精密加工技術”
カシメる技術を活用したアルミ集成材の提案
株式会社丸三電機
佐藤宏尚
精密バネ製造で培った“ワイヤー加工技術”
バネの特性を活かしたインテリア照明
東栄バネ株式会社
乙部博則
羽がないのに撹拌できる“遠心式撹拌技術”
遠心力を活かした撹拌ツール
株式会社IPMS
小関隆一
デマンドレスポンス対応型の“家庭向けエネルギー管理システム”
家庭のエネルギーを管理する総合的なIoT機器
地域エネルギー株式会社
山岸隼人

※審査の結果、13のテーマのうち3テーマはテーマ賞該当なしとなりました。

提案最終審査(公開プレゼンテーション)・表彰式

開催日時

 平成28年1月27日(水曜)13時30分から17時00分まで

開催場所

 東京ミッドタウン・カンファレンス Room7
 (港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー4階)

内容

  • 「テーマ賞」を受賞したデザイナーが公開でプレゼンテーションを実施します。
  • 審査委員会が最終審査を行い、最優秀賞1点・優秀賞2点を決定します。
  • その場で結果発表・表彰式を行います。

観覧者募集

 平成27年12月14日(月曜)から観覧者を募集します。
 申込方法はオフィシャルサイトをご参照ください。

審査委員会

 廣田尚子 [審査委員長]プロダクトデザイナー/有限会社ヒロタデザインスタジオ代表
 川田誠一 工学博士/産業技術大学院大学 産業技術研究科長・教授
 服部滋樹 デザイナー・クリエイティブディレクター/有限会社デコラティブモードナンバースリー代表取締役
 日高一樹 デザイン・知的財産権戦略コンサルタント/日高国際特許事務所所長 弁理士
 山田遊 バイヤー・クリエイティブディレクター/株式会社method 代表

〔参考〕 2015年度 東京ビジネスデザインアワードの流れ

画像

東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略6「世界をリードするグローバル都市の実現」
 政策指針15「日本の成長を支える国際経済都市の創造」

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
 電話 03-5320-4763
東京ビジネスデザインアワード事務局
 電話 03-6743-3777

ページの先頭へ戻る