トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 12月 > インキュベーション施設整備・運営費補助事業を採択

ここから本文です。

報道発表資料  2015年12月1日  産業労働局

平成27年度新規事業
インキュベーション施設整備・運営費補助事業
平成27年度の採択事業が決定!

 (公財)東京都中小企業振興公社では、「創業活性化特別支援事業」の一環として、「東京都インキュベーション施設運営計画認定事業(※)」により都の認定を受けた事業のうち優れたものに対して、施設運営のレベルアップに必要な整備・改修及び運営に係る経費の一部を補助する「インキュベーション施設整備・運営費補助事業」(下記参照)を実施しています。
 この度、平成27年度の採択事業が決まりましたのでお知らせします。

採択事業(6事業)

※敬称略
事業者 施設名称 所在地
株式会社あきない総合研究所 katanaオフィス汐留 港区東新橋2-10-10東新橋ビル2階
後藤建築事務所株式会社 アジアスタートアップオフィスMONO 江東区青海2-5-10テレコムセンタービル東棟14階
シャルム商事株式会社 bizcube(ビズキューブ) 中央区銀座5-6-12みゆきビル6階・7階
特定非営利活動法人男女共同参画おおた パシオンTOKYO 大田区大森北2-3-15第15下川ビル
東洋美術印刷株式会社 エスプリ飯田橋 千代田区飯田橋4-7-4飯田橋グランプラス
株式会社まちづくり三鷹 三鷹市SOHOパイロットオフィス 三鷹市下連雀3-27-1三協ビル2階・3階

※認定事業の概要はこちら
※認定施設の詳細は、下記ホームページで12月中旬に公開いたします。
 http://sogyoshien.tokyo/incubation/index.html

インキュベーション施設整備・運営費補助事業について

1 事業概要

 東京都内の産業を活性化させるためには、新たな雇用の創出が期待できる創業者を支援し、都内開業率のさらなる向上を図ることが重要です。
 本事業は、都が実施する「東京都インキュベーション施設運営計画認定事業」の認定を受けた事業のうち、優れた事業に対して施設運営のレベルアップに必要な整備・改修及び運営に係る経費の一部を補助することにより、民間事業者等による創業支援の取組みを後押しするものです。

2 事業スキーム

画像

3 事業内容

(1) 補助対象事業

 都の認定を受けた事業のうち補助金の申請があったものについて、公社が審査を行い、優れた事業と認めたもの

(2) 補助対象期間

 整備・改修費:交付決定日から最長2年
 運営費:整備・改修費の補助対象期間終了日の翌日から1年以上最長2年
※整備・改修費及び運営費に係る補助対象期間を通算して最長3年を上限とします。

(3) 補助限度額

 整備・改修費:5,000万円(区市町村の場合:4,000万円)
 運営費:1年ごとに2,000万円(区市町村の場合:1,500万円)
※整備・改修費及び運営費が一体となった事業に補助金を交付します。別々での交付は行いません。

(4) 補助率

 3分の2以内(区市町村の場合:2分の1以内)

(5) 補助対象経費
経費区分 内容
整備・改修費 工事費 施設の整備・改修に係る工事費
設計費 施設の整備・改修に係る設計費
建物・施設取得費 建物・建物付属設備等の購入に係る経費
賃借料(工事期間中) 工事期間中に発生する補助事業の遂行に必要な不動産の賃借料
運営費 人件費 インキュベーションマネージャーやスタッフ等に対する給与・賃金等
備品費 施設の運営にあたり必要なオフィス家具・用品に係る経費
建物管理委託費 施設の管理にあたり必要な外部委託経費
広告費 施設を広報する上で必要な経費
専門家報酬 入居者向けに行う相談・セミナー等に係る外部専門家費用

東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略6 「世界をリードするグローバル都市の実現」
 政策指針15 「日本の成長を支える国際経済都市の創造」

問い合わせ先
(補助事業に関すること)
(公財)東京都中小企業振興公社総合支援部新事業創出課
 電話 03-5822-7231
(認定事業に関すること)
産業労働局商工部創業支援課
 電話 03-5320-4889

ページの先頭へ戻る