ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月26日  生活文化局

「都民生活に関する世論調査」結果

 この度「都民生活に関する世論調査」(平成27年8月実施)の結果がまとまりましたので、お知らせします。
 この調査は、都民の日常生活にかかわる意識や、都政に何を望んでいるかなどを把握し、今後の都政運営に役立てることを目的として毎年実施しています。
 また、今回は随時テーマとして「障害者スポーツ」、「2020年パラリンピック競技大会」、「2020年オリンピック・パラリンピック競技大会」について調査しました。

調査結果のポイント

毎年テーマ

都政への要望

 1位「高齢者対策」50%(昨年3位・3ポイント増)
 2位「治安対策」49%(昨年とほぼ同様)
 3位「医療・衛生対策」42%(昨年4位・1ポイント減)
 4位「防災対策」42%(昨年1位・8ポイント減)

 (概要P17~18)(本文P83~87)

暮らし

  • 暮らしむきの変化
    「変わらない」65%(昨年より4ポイント増)、「苦しくなった」30%(昨年より4ポイント減)
  • 暮らしの余裕
    「余裕がある」が50%(昨年とほぼ同様)
  • 生活程度
    「中」が86%

 (概要P2~4)(本文P3~17)

生活満足度

 「満足」が51%、「不満」が45%

  • 満足の理由
    「健康であるから」69%、「家族との生活が充実しているから」57%
  • 不満の理由
    「貯蓄が十分でないから」66%、「趣味、教養の時間が十分にとれないから」28%

 (概要P6~7)(本文P26~35)

東京の住みよさ

 「住みよい」が61%

 (概要P13)(本文P61~66)

東京定住意向

 東京に今後も「住みたい」が80%

  • 住みたい理由
    「交通網が発達していて便利だから」75%、「東京に長く暮らしているから」48%
  • 住みたくない理由
    「生活費が高いから」57%、「人や車が多すぎるから」45%

 (概要P13~15)(本文P67~79)

随時テーマ

障害者スポーツの関心度

 「関心がある」が45%

  • 関心がある人がしたいこと
    「テレビで障害者スポーツの試合を観戦する」62%
  • 関心がない人の理由
    「身近に障害者スポーツに関わっている人がいないから」42%

 (概要P20~21)(本文P93~101)

2020年パラリンピック競技大会

  • パラリンピック選手の認知度
    「知っている」が55%
  • 2020年パラリンピック競技大会を観戦したいか
    「観戦したい」が72%

 (概要P25~27)(本文P111~123)

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会

 史上最高の大会を実現するために東京都が加速すべき政策
 1位 「アスリートが力を発揮できる競技環境の整備」45%(昨年より20ポイント増)
 2位 「誰もが安全・安心に過ごすことができる高度防災都市の構築と治安維持」43%(昨年より9ポイント減)
 3位 「『おもてなしの心』で、東京を訪れる全ての人々を歓迎する都市の実現」30%

 (概要P28)(本文P124~127)

※調査結果の概要[テキスト版/PDF版 :734KB]
調査結果(全文)

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
 電話 03-5388-3133

ページの先頭へ戻る