トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年8月分)

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月4日  総務局

「東京都第3次産業活動指数」「東京都全産業活動指数」
(平成27年8月分)
季節調整済指数の公表開始

 都内の第3次産業及び産業全体の活動状況を総合的にとらえることを目的とした「東京都第3次産業活動指数」及び「東京都全産業活動指数」の平成27年8月分を公表します。
 今月から、前月との比較などの短期的な経済動向の分析が可能な「季節調整済指数」の公表を開始します。これまで、都道府県の月次統計での季節調整は、(鉱)工業指数で行われていますが、新たに第3次産業活動指数、全産業活動指数(現在は東京都のみ作成)についても実施しました。
 平成27年8月の動向は、以下のとおりです。

第3次産業活動指数(平成17年平均=100.0)

 第3次産業活動指数は前月比0.2%の低下

 8月の第3次産業活動指数は、前月比0.2%低下し、108.4となった。(P.1、2)

第3次産業活動指数(季節調整済指数)の推移
画像

上昇した業種(大分類)

 金融業,保険業、学術研究,専門・技術サービス業など、6業種が上昇した。

低下した業種(大分類)

 宿泊業,飲食サービス業、生活関連サービス業,娯楽業など、6業種が低下した。

全産業活動指数(平成17年平均=100.0)

 全産業活動指数は前月比0.1%の低下
※農林水産業生産指数及び公務等活動指数を除く。

 8月の全産業活動指数は前月比0.1%低下し、105.8となった。(P.1)
 第3次産業、工業、建設業ともに低下した。

季節調整済指数で見た過去の動向(全産業活動指数)

全産業活動指数(季節調整済)の推移(平成17年~)
画像
(1)平成20年9月 米国投資銀行リーマン・ブラザーズ破綻
(2)平成23年3月 東日本大震災発生
(3)平成26年4月 消費税率が5%から8%に改定

  • 平成20年9月~平成21年3月((1)参照)
     半年間で6.6%の低下となったが、工業のウェイトが小さいため、全国の11.4%ほどの低下とはならなかった。
  • 平成23年3月((2)参照)
     1か月間で、99.6から平成21年3月を下回る93.2まで急低下した(全国は、同月よりは高い90.0への低下)。
  • 平成26年3~4月((3)参照)
     卸売業,小売業などの影響で一時的な上昇、低下があったが、全国よりも小幅な動きであった。

※季節調整済指数の詳しい内容については、別紙(PDF形式:307KB)をご参照ください。

 各指数の概要等、詳しい内容は、
 東京都の統計・東京都第3次産業活動指数
 東京都の統計・東京都全産業活動指数
 に掲載しています。

問い合わせ先
総務局統計部調整課
 電話 03-5388-2521

ページの先頭へ戻る