トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 大井ホッケー競技場の施設運営計画策定支援事業者募集

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月25日  オリンピック・パラリンピック準備局

大井ホッケー競技場の施設運営計画策定支援事業者を募集します!

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「2020年大会」という。)に向けて都が整備する新規恒久施設は、大会後も都民、国民の貴重な財産として、末永く有効活用していく必要があります。
 先般、11月6日に「大井ホッケー競技場に係る後利用の方向性」を公表し、今後、この方向性に基づき、施設運営計画を策定していきます。
 今後の後利用の検討を効率的に進め、具体的かつ実現性の高い施設運営計画を策定するためには、将来新規恒久施設の運営を行う意欲と能力のある民間事業者の知識や経験、アイデアを取り込んでいくことが必要と考え、このたび、都の施設運営計画策定を支援する民間事業者(以下「支援事業者」という。)を募集します。

1 募集の概要

(1) 提案の対象となる施設

 大井ホッケー競技場

(2) 応募可能な民間事業者

 次に掲げる要件をすべて満たしている民間企業等(法人格を有する営利・非営利団体を含む。)

  • ア 都の後利用の方向性の趣旨や目的に沿った提案を行うことができること。
  • イ 実施を前提とした実現性のある事業手法及び事業計画を提案でき、提案する恒久施設の運営を将来行う意欲を有すること。
  • ウ 業務委託や指定管理者、PFI等による、下記のいずれかの運営実績・経験があること。
    • (ア) 屋外スポーツ施設(競技場)を管理・運営した実績
    • (イ) 複数のスポーツ施設を一体的に管理・運営した実績
    • (ウ) スポーツ施設と屋外レクリエーション施設を一体的に管理・運営した実績
  • エ 将来施設運営者となり得る資力及び信用を有すること。
  • オ 支援に当たり、多様な検討ができる体制を構築できる能力を有すること。

(3) 応募の制限について

 単独又はグループのいずれかで申し込むものとします。ただし、次の場合は申込み不可とします。

  • 単独又はグループが、異なる複数の提案を以て申し込むこと。
  • 一の民間企業等が、複数のグループに所属して申し込むこと。

2 募集スケジュール

  1. 募集要項の公表
     平成27年11月25日(水曜)
  2. 応募登録書の提出
     平成27年12月9日(水曜)午後5時00分まで【必着】
  3. 質問受付期限
     平成27年12月14日(月曜)午後5時00分まで【必着】
  4. 質問に対する回答
     平成27年12月21日(月曜)(予定)都から応募登録者へ回答
  5. 企画提案書の提出期限
     平成27年12月28日(月曜)午後5時00分まで【必着】
  6. 企画提案書に基づくプレゼンテーション
     平成28年1月18日(月曜)から同月20日(水曜)までの間(予定)
  7. 支援事業者の選定・通知
     平成28年2月上旬頃(予定)

3 応募登録書の提出について

 支援事業者への応募を希望する場合は、応募登録書を提出していただきます。

  • 受付期間:平成27年11月25日(水曜)から12月9日(水曜)午後5時00分まで【必着】
  • 提出方法:持参での提出のみとします。

4 企画提案書等の取扱い

 提出されたすべての書類は非公表といたします。また、一度提出された書類は、提案者に返却しません。なお、ご提案いただいた提案内容については、必要とされる範囲内で応募者と調整の上、東京都における後利用の検討に使用させていただくことがあります。

5 その他

 募集要項や詳しい手続き等は「オリンピック・パラリンピック準備局ホームページ」をご覧ください。

東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略1 「成熟都市・東京の強みを生かした大会の成功」
 政策指針1 「2020年大会の成功に向けた万全な開催準備とレガシーの継承」

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局大会準備部施設輸送計画課
 電話 03-5388-2872

ページの先頭へ戻る