トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 東京都私学財団公開講座 社会不適応にならないために

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月25日  生活文化局

(公財)東京都私学財団 平成27年度第2回 公開講座 開催のお知らせ
品川裕香 講演会
「社会不適応にならないために~働くために必要なこと~」

 (公財)東京都私学財団では、私学関係者だけでなく一般の方々まで対象を広げ、社会の動向に即した知識や教養を高める機会として、毎年公開講座を開催しています。
 今回は、教育ジャーナリストの品川裕香先生をお招きし、若者たちへの「就労支援」の現場から見えてきた、社会に適応できる、自立した人間を育てるために必要なこと等について語っていただきます。

日時

 平成28年1月19日(火曜) 午後6時00分~午後8時00分(開場:午後5時30分)

会場

 新宿区立牛込箪笥区民ホール(新宿区箪笥町15番地)

定員

 390名
 (応募多数の場合は抽選。受講決定は招待状の発送をもって代えさせていただきます。)

参加費

 無料

申請方法

 希望者氏名(5名まで連記可能)・郵便番号・連絡先住所・電話番号を明記のうえ、1)~4)のいずれかの方法でお申し込みください。
(学校関係者の方は学校名をご記入ください。)

  1. はがき 〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ11階
  2. ファクス 03-5206-7927
  3. メール kenshu(at)shigaku-tokyo.or.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
  4. 東京都私学財団のホームページからもお申込みできます。

締切り

 平成28年1月5日(火曜)必着

問合せ先

 (公財)東京都私学財団総務部研修課
 電話:03-5206-7922(直通)
 URL:http://www.shigaku-tokyo.or.jp

品川裕香氏 プロフィール

  • 兵庫県出身。早稲田大学法学部卒業。扶桑社で編集に12年携わった後、教育ジャーナリストとして独立。
  • 教育・医療・社会問題を異文化理解・予防的観点から取材執筆。国内外の教育現場(いじめ・不登校・虐待からLD・ADHD・アスペルガー症候群など特別支援教育、非行など矯正教育まで)、子ども・保護者・教師・支援者たちの思いを多角的に取材執筆。
  • 中央教育審議会教育課程企画特別部会委員、中央教育審議会教育課程特別教育支援部会委員、文部科学省フリースクール等に関する検討会議委員、文部科学省学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議委員、京都市教育委員会支援の必要な子どもプロジェクト専門委員
  • 元第一次安倍内閣教育再生会議委員、前文部科学省中央教育審議会特別支援教育の在り方に関する特別委員会専門委員、東京都による発達障害教育推進会議委員などを歴任。

主催

 公益財団法人東京都私学財団

後援(申請中)

 東京都、こころの東京革命協会、一般財団法人東京私立学高等学校協会、東京私立初等学校協会、東京都私立幼稚園連合会、公益社団法人東京都専修学校各種学校協会

※別添 チラシ(PDF形式:1.08MB)

問い合わせ先
※公開講座に関する問い合わせは私学財団へ
公益財団法人東京都私学財団
 電話 03-5206-7922
生活文化局私学部私学振興課
 電話 03-5388-3181

ページの先頭へ戻る