トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 「TOKYO STARTUP GATEWAY 2015」決勝大会の結果報告

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月30日  産業労働局

次世代アントレプレナー育成プログラム事業
TOKYO STARTUP GATEWAY 2015 決勝大会結果報告
11月29日(日曜)に決勝大会を開催しました!

 平成27年11月29日(日曜)に、分野を超えて「世界を変える」若い起業家の輩出を後押しするビジネスプランコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY 2015」の決勝大会が開催されました。当日は、本事業に御応募いただいたビジネスプラン546件から選抜された、若き10名の起業家が、それぞれのプランを熱く語り合いました。このたび、最優秀賞をはじめとした受賞者が決まりましたので、お知らせいたします。

画像

受賞者について

最優秀賞

画像 画像
坂倉悠哉さん

 医療が解決できない困り事を、先人達の知恵を元に解決する。
 入院患者の困り事解決プラットフォーム。

 世界最速の少子高齢化。膨れ上がる医療費。疲弊する医療従事者。医療技術のグローバル競争への遅れ。現在、日本では誰もが医療に不安を抱えています。しかし、目の前の問題に囚われ過ぎてはいけません。我々が目指すべき理想の医療は「誰もが健康に生き、医療に困らなくなること」です。この理想に向けた第一歩が、医療の中でも困り事を抱えやすい入院患者の為のサービスです。入院患者にとっては重要な、しかし医療が解決できない困り事を経験します。我々は入院を経験した先人達の知恵を元に、困り事を解決する場を作ります。そして、入院患者から外来患者、最終的に医療に関わる全ての人々に展開することで、理想の医療を実現します。

優秀賞(1)

 送迎・託児付き シニア宅教室・出張教育「子どもを地域で預かる・地域で育てる文化を」

画像 画像
佐藤理香さん

優秀賞(2)

 途上国のどこにでも導入できる、スマートフォンを用いた教育モデル

画像 画像
森俊介さん

オーディエンス賞

 聴覚障碍者の方を対象とした新しいコミュニケーション支援装置~2つ目の新たな聴覚をあなたに~

画像 画像
岩瀬大佑さん

決勝大会概要

画像 画像

日時

 平成27年11月29日(日曜) 13時30分~19時30分

会場

 丸ビルホール(千代田区丸の内2-4-1 丸ビル7階)

プログラム

  • 審査員によるパネルディスカッション
  • ファイナリストによるプレゼンテーション

表彰

  • 最優秀賞 <賞金100万円>(1名)
  • 優秀賞 <賞金 50万円>(2名)
  • オーディエンス賞(1名)

審査委員

[審査員長]
画像 画像 画像 画像
日本テクノロジベンチャーパートナー
ジェネラルパートナー
村口和孝氏
株式会社ABBALab
代表取締役
小笠原治氏
株式会社HASUNA
代表
白木夏子氏
READYFOR株式会社
代表取締役CEO
米良はるか氏

「TOKYO STARTUP GATEWAY 2015」概要

  • 27年4月からエントリーを受け付け、全546件から3回の選考を経て、ファイナリスト10名を決定
  • 30人もの起業家・ベンチャーキャピタリスト・アクセラレーターが、メンターとして参加者を支援
  • 個別メンタリングや実践ビジネススクールなど、ビジネスプランの精度を高めるさまざまな場を提供
  • ファイナリストには、3か月間の短期集中型アクセラレーションプログラムを提供
  • 事業実施は特定非営利活動法人エティック(ETIC.)に委託(※)
画像

※詳細につきましては、本事業の公式サイトを御覧下さい

※受託者紹介:特定非営利活動法人エティック(ETIC.)
 ETIC.は、次世代を担う若者に対して様々な機会を提供することで、アントレプレナーシップ溢れる人材を育成・輩出し、社会に変革と創造を生み出すことを目指すNPOです。
 http://www.etic.or.jp/

東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略6 「世界をリードするグローバル都市の実現」
 政策指針15 「日本の成長を支える国際経済都市の創造」

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
 電話 03-5320-4749

ページの先頭へ戻る