トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 個人情報(メールアドレス)の流出について

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月27日  教育庁

個人情報(メールアドレス)の流出について

 東京都教職員研修センターにおいて、平成27年度東京都公立学校教員採用候補者名簿登載者(28年度採用)を対象とした「採用前実践的指導力養成講座」に関する連絡事項をメールで送信する際、事務担当者がメールアドレスを誤って宛先欄に入力して送信したため、個人情報が流出する事故が発生しました。
 このような事故が起きたことは、広く都民の皆様の信頼を損ねることであり、深くお詫び申し上げますとともに、事故の状況を報告し、今後の対応等について下記によりお知らせします。

1 事故の概要

 事務担当者が、「採用前実践的指導力養成講座」の受講コースに関する連絡事項を、29名の受講対象者にメールで送信する際、全員のメールアドレスをbcc欄ではなく、誤って宛先欄に入力し、送信してしまった。

(1) 発生日時

 11月26日(木曜日)午後6時00分

(2) 発生場所

 東京都教職員研修センター企画部企画課

(3) 流出した個人情報

 29名分のメールアドレス

2 経緯

 (1) 平成27年度東京都公立学校教員採用候補者名簿登載者(28年度採用)を対象とした「採用前実践的指導力養成講座」の受講コースについて確認する必要があったため、メールでその旨を伝えたが、この際、メールの宛先欄に全員のメールアドレスを入力して一斉に送信してしまった。
 (2) 11月26日(木曜日)午後6時00分に、事務担当者がメールを送信した直後、自ら誤りに気付き事故が発覚した。
 (3) 現在のところ、二次被害等の報告は受けていない。

3 事故発生後の対応

 11月26日(木曜日)午後7時4分に、29名全員に対し、メールにて、今回のメールアドレスの流出について謝罪を行うとともに、送信メールの削除について依頼した。さらに電話により謝罪及び削除の依頼をし、全員と連絡が取れている。

4 今後の対応

 今後、都民の方等へメールによる連絡等を行う場合は、複数の担当者により、送信先及び添付ファイル等について確認することを、職員に対して徹底する。

問い合わせ先
東京都教職員研修センター企画部企画課
 電話 03-5802-0268

ページの先頭へ戻る