トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 東京都人権プラザの指定管理者候補者を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月25日  総務局

東京都人権プラザの指定管理者候補者の決定について

 東京都人権プラザの指定管理者候補者を、下記のとおり決定しましたので、お知らせします。
 今後、平成27年第四回東京都議会定例会に指定の議案を提出し、議決が得られた後、指定管理者の指定を行います。

1 対象施設

 東京都人権プラザ(台東区橋場一丁目1番6号)

2 指定期間

 平成28年4月1日から平成30年3月31日まで(2年間)

3 指定管理者候補者の名称

 公益財団法人東京都人権啓発センター

4 選定の経緯及び選定理由

(1) 選定方法及び選定経緯

 外部委員と行政機関関係者における選定委員会(別紙1「東京都人権プラザ指定管理者選定委員会委員名簿」参照)において、書類審査及び事業者ヒアリング等により指定管理者候補者を選定した。

事項 日程
第1回選定委員会
  • 東京都人権プラザの概要説明及び視察
  • 指定管理者の選定方法及び候補者案の説明
  • 指定管理者の選定方法及び候補者の決定
平成27年7月22日(水曜)
第2回選定委員会
  • 評価方法の説明
  • 候補者のプレゼンテーション及び質疑
  • 事業計画書等の評価
平成27年10月23日(金曜)

(2) 特命理由

 東京都人権プラザ(以下「プラザ」という。)は、都が人権啓発の拠点として設置した施設であり、都の人権施策を反映した中立・公平な展示の実施及び相談対応等が求められる施設である。
 公益財団法人東京都人権啓発センター(以下「センター」という。)は、人権全般にわたる教育・啓発等の良好な活動実績を有し、事業の中立性・公平性が担保されているとともに、都の人権施策を確実に遂行することが期待できる団体であることから、特命により選定することとした。

(3) 指定管理者候補者としての適格性の評価

 センターより、プラザの指定管理者の選定に係る申請書類(事業計画書等)を受け、書類審査及び事業者ヒアリング等により評価した。
 なお、評価にあたっては、別紙2「指定管理者候補者としての適格性の評価基準」(PDF形式:103KB)に基づき、各委員が評価項目ごとに適否を判断し、合議によって総合評価を決定した。

(4) 選定委員会議事要旨

 上記の選定方法及び評価基準に基づき評価した結果、委員の全員一致で、センターが、プラザの指定管理者候補者として適格性を有することを決定し、指定管理者候補者として選定した。
(主な質問・意見)
 その他、委員から以下の質問・意見があった。
○今後扱う人権問題の具体的な細目についてお聞きしたい(質問)。
  →(回答)都や国で啓発の重点強調事項としてあげている課題を万遍なく啓発して参りたい。
 また、どのテーマを取り上げるかについては、都と連携を取りながら対応して参りたい。
○インターネット経由で人権に関心の高い人達が容易に検索できるような仕組みを検討していただきたい(意見)。

5 候補者の事業計画書の概要

 別紙3「東京都人権プラザ指定管理者候補者事業計画書(概要)」(PDF形式:627KB)のとおり

問い合わせ先
総務局人権部人権施策推進課
 電話 03-5388-2588

ページの先頭へ戻る