トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 都立尾久の原公園における閉鎖区域の一部開放について

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月16日  建設局

都立尾久の原公園における閉鎖区域の一部開放について

 環境基準を上回る濃度のダイオキシン類等が検出され、一部閉鎖しておりました都立尾久の原公園につきましては、ダイオキシン類対策特別措置法に基づく対策工事が完了した公園南側を、下記のとおり開放いたしますので、お知らせします。
 現在、対策工事を実施しております公園北側につきましては、工事完了後、開放する予定です。

1 開放について

(1) 日時

 平成27年11月20日(金曜日) 午前10時00分

(2) 開放する区域

 別紙のとおり

2 開放する区域の対策工事等について

 ダイオキシン類土壌汚染対策計画に基づき、主に50センチメートル以上の良質土を覆土しました。また、一部につきましては、3センチメートル以上のアスファルト又は10センチメートル以上のコンクリートで被覆しました。
 なお、公園内におけるダイオキシン類のリスク管理につきましても、同計画に基づき、適正に行っていきます。

問い合わせ先
(開放に関すること)
建設局公園緑地部公園課
 電話 03-5320‐5377
(対策工事に関すること)
建設局公園緑地部公園建設課
 電話 03-5320‐5384

〔参考〕

1 これまでの経緯

 平成24年12月
 尾久の原公園に隣接する東尾久浄化センター建設用地内の土壌の一部から、環境基準を上回る濃度のダイオキシン類が検出されたため、尾久の原公園を全面閉鎖

 平成25年2月
 ダイオキシン類の土壌調査(先行調査)結果公表
 尾久の原公園内1箇所で基準超過

 平成25年4月
 ダイオキシン類及び重金属等の土壌調査結果公表
 尾久の原公園内8箇所でダイオキシン類の基準超過

 平成25年6月
 環境基準を下回った区域について部分的に開放

 平成25年9月
 ダイオキシン類の深度方向調査結果公表
 尾久の原公園内16箇所で基準超過

 平成26年2月
 ダイオキシン類対策特別措置法に基づき、ダイオキシン類土壌汚染対策地域指定

 平成26年3月
 アスファルトの部分について部分的に開放

 平成26年10月
 ダイオキシン類対策特別措置法に基づき、ダイオキシン類土壌汚染対策計画策定

 平成26年12月
 ダイオキシン類土壌汚染対策計画に基づき、対策工事に着手

2 環境測定結果について

 ダイオキシン類環境測定結果を、こちらで公表しています。

ページの先頭へ戻る