トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 11月 > 泉岳寺駅周辺における市街地再開発事業を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2015年11月6日  都市整備局,交通局

泉岳寺駅周辺における市街地再開発事業の実施について
地下鉄駅の改良と沿道市街地の一体的なまちづくり

 品川駅周辺地域は、空の玄関口である羽田空港に近く、世界と日本各地を繋ぐ結節点としての役割が期待されており、日本の成長を牽引する国際交流拠点として、開発が進められています。
 東京都は、この開発に伴い、駅の機能強化が必要となる泉岳寺駅の改良を実現するため、市街地再開発事業により、駅とまちの一体的な整備に取り組むこととしましたのでお知らせします。

1.泉岳寺駅の機能強化

 泉岳寺駅は、現状でもホーム(幅員5メートル)がラッシュ時に混雑しており、今後、周辺開発により利用者が大幅に増加することが見込まれます。
 このことから、駅利用者の安全性・利便性の向上や交通結節機能の更なる強化を図るため、ホームの拡幅など泉岳寺駅の大規模改良を進めていきます。

2.都による一体的なまちづくり

 泉岳寺駅は国道15号の下に位置し、国道の空間内だけではホームの拡幅が困難であるため、道路に隣接する民有地を含めた市街地整備を行う必要があります。
 このことから、駅の改良と隣接市街地との一体的な整備を、JR新駅周辺の街開きまでに確実に行うため、東京都施行による第二種市街地再開発事業を実施していきます。

3.今後のスケジュール

 平成27・28年度 調査・設計等
 平成29年度 都市計画決定(予定)
 平成30~36年度 工事等(予定)

参考

 平成32年 JR新駅の暫定開業(予定)
 平成36年 JR新駅周辺の街開き(想定)

4.位置図等

<位置図> <イメージ図>
画像 画像

東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略2 「高度に発達した利用者本位の都市インフラを備えた都市の実現」
 政策指針6 「誰もが円滑かつ快適に利用できる総合的な交通体系の構築」
 都市戦略6 「世界をリードするグローバル都市の実現」
 政策指針16 「都心等の機能強化による東京の都市力のさらなる向上」

問い合わせ先
(まちづくりに関すること)
都市整備局市街地整備部再開発課
 電話 03-5320-5122
(泉岳寺駅改良に関すること)
交通局総務部企画調整課
 電話 03-5320-6012

ページの先頭へ戻る