トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成27(2015)年 > 10月 > 都政モニターアンケート結果 都市計画道路の整備

ここから本文です。

報道発表資料  2015年10月30日  生活文化局

平成27年度第3回インターネット都政モニターアンケート結果
「東京における都市計画道路の整備」

 今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に、東京の都市計画道路の整備について聞き、今後の都政運営の参考とするものです。

主な調査結果

道路の印象(P4)

 「バスなどの公共交通機関が利用しやすい」(61%)、「道路網が整備されている」(56%)については、『そう思う』が5割を超えている。一方、「自転車が通りやすい」、「歩行者が歩きやすい」、「緑化や景観への配慮がされている」、「災害時に避難しやすい」については、『そう思わない』が5割を超えている。

重要と考える道路の機能(P5)

 主たる機能である「通行機能」(86%)の次に、「避難・救援機能」(69%)、「災害防止機能」(47%)、「公共交通のための導入空間機能」(41%)、「都市環境機能」(40%)の順となっており、緊急時に関する機能が重要であるとの回答が高い。

今後10年間の道路整備の方向性(P6)

 「緊急物資の輸送、消防活動などの救援・救護活動のルート確保、震災時における大規模な市街地火災の延焼防止、安全な避難路の確保など防災性を向上させる」(56%)、「自転車レーン等の整備により自転車と歩行者を分離する」(55%)、「骨格幹線道路の整備により、人やモノの流れを円滑にして、東京の発展に寄与することに加え、防災性の向上、安全で快適な暮らしを実現する」(52%)が5割を超えている。

建築制限の緩和策(P10)

 東京都が行っている建築制限の緩和策について、6割が「都が行っている現状程度の緩和でよい」(60%)と考え、2割近くが「現在、都が行っている以上の緩和をすべき」(15%)と考えている。

さらなる建築制限の緩和策(P11)

 現在、都が行っている以上の緩和をすべきと考えている人のうち、「すぐに事業に入る(概ね10年以内)路線にも、現在の緩和策を適用する」(59%)については6割近くが『そう思う』と考え、同じく「すぐに事業に入らない(10年程度)路線において、さらに階数を緩和する」(71%)についても7割が『そう思う』と考えている。

※インターネット都政モニターは、インターネットが使える20歳以上の都内在住者を対象に公募し、性別、年代、地域等を考慮して500人を選任。

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
 電話 03-5388-3159

〔資料〕

調査実施の概要

1 アンケートテーマ

 「東京における都市計画道路の整備」

2 アンケート目的

 調査結果を平成27年度末公表予定の「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」策定の参考とする。

3 アンケート期間

 平成27年7月17日(金曜)正午から 平成27年7月23日(木曜)正午まで

4 アンケート方法

 インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力する

5 インターネット都政モニター数

 500人

6 回答者数

 479人

7 回答率

 95.8%

東京における都市計画道路の整備

 都市計画道路とは都市計画法に基づいて、都市の将来像を踏まえ、あらかじめルート・幅員などが決められた都市の骨格となり、まちづくりに大きく関わる道路のことです。
 都市計画道路は整備費用も多額になることから、計画を立ててすぐに事業化することが難しく、その完成率は約6割にとどまっています。
 これまで東京都と特別区及び26市2町は共に連携しながら、概ね10年間で優先的に整備すべき路線を定めた「事業化計画」を過去3回策定し、優先度が高いものから計画的、効率的に整備してきました。
 現行の計画期間が平成27年度までであることから、今後、「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」を策定する予定です。
 今回のアンケート結果を参考とするため、皆様のご意見をお聞かせください。

画像
都市計画道路「調布保谷線」

1 調査項目

Q1 主な交通手段
Q2 道路の印象
Q3 重要と考える道路の機能
Q4 今後10年間の道路整備の方向性
Q5 都市計画決定からの経過年数
Q6 未着手の都市計画道路の整備
Q7 都市計画道路区域内の土地・家の所有
Q8 都市計画道路区域内における建築の制限
Q9 建築制限の緩和策
Q10 さらなる建築制限の緩和策
Q11 自由意見

2 アンケート回答者属性

  送付数 回収数 構成比 回収率
 全体 500 479 - 95.8
性別  男性  250 240 50.1 96.0
 女性  250 239 49.9 95.6
年代別  20代  48 47 9.8 97.9
 30代  117 111 23.2 94.9
 40代  99 92 19.2 92.9
 50代  71 67 14.0 94.4
 60歳以上  165 162 33.8 98.2
職業別 有職  自営業 43 38 7.9 88.4
 常勤 192 188 39.2 97.9
 パート・アルバイト 53 49 10.2 92.5
無職  主婦 111 105 21.9 94.6
 学生 21 20 4.2 95.2
 無職 80 79 16.5 98.8
居住地域別  東京都区部 351 335 69.9 95.4
 東京都市町村部 149 144 30.1 96.6

※集計結果は百分率(%)で示し、小数点以下第2位を四捨五入して算出した。
そのため、合計が100.0%にならないものがある。
※n(number of cases)は、比率算出の基数であり、100%が何人の回答者に相当するかを示す。
※回答方法・・・(MA)=いくつでも選択、(5MA)=5つまで選択

調査結果(PDF形式:942KB)

ページの先頭へ戻る